チャンギ・エアポート・グループ(CAG)は、シンガポールのセレター空港の新旅客ターミナルの運用を年末までに開始すると発表した。

延床面積は10,000平方メートルで、既存ターミナルの6倍以上に拡大した。年間70万人の利用に対応する。総工費は8,000万シンガポールドル。4つのチェックインカウンター、6つの出入国審査レーン、2つの保安検査場、3機の駐機場などを備える。ビジネスジェットの利用者にも対応する。

マレーシア航空子会社のファイアフライは、ターボプロップ機で運航しているチャンギ空港を発着するマレーシア3路線、1日20便をセレター空港発着に移管する。これによりチャンギ空港の発着枠に余裕が生まれ、多くの大型機の乗り入れが可能となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール・セレター空港、新旅客ターミナル運用を年末までに開始 ファイアフライ乗り入れ