成田国際空港は、人工知能(AI)を活用した自動装着機能付きの搭乗橋を、第2ターミナルの64番スポットに試験導入する。

国際線用としては日本で初めての導入となり、運転者個人の技量によらない均質な搭乗橋の装着、装着まで余分な時間をかけない事によるお客様の機内待ち時間の減少、AIや画像認証技術を活用したヒューマンエラーの防止が見込まれるという。

AIと画像認証技術で航空機のドアを認識し、ボタン操作1つで10センチ手前まで自動で移動する。航空機の駐機位置がずれた場合や悪天候などで環境が変わった場合も 蓄積された画像データをもとにAIが画像判定を行い、ドアの位置を特定できる。時間をかけずにより確実で正確な航空機への接続を可能とすることで、乗客はスムーズに降機できるようになる。技術的には自動装着も可能であるものの、安全性を担保するため、10センチ手前で停止した後はマニュアル操作に切り替える。

まずは既存の搭乗橋でAIの学習に使用する画像データの取得を行い、2019年3月を目処に、更新する搭乗橋に自動装着機能を搭載し、航空会社が使用する。使い勝手や安全面などの評価・検証を行う。有用性が確認されれば、順次導入に向けた検討を進める。

情報提供元:Traicy
記事名:「成田国際空港、AI搭載の自動装着機能付き搭乗橋を試験導入