JR東日本は、秋田市のポートタワー・セリオンを中心とした秋田港周辺の活性化のため、7月28・29日に行われる「秋田港海の祭典」で「秋田港クルーズ列車」を運行する。

秋田港クルーズ列車は、クルーズ船の乗船客の二次交通対策として運行しているが、今回の運行では一般客も乗車できる。両日共に秋田駅と秋田港駅間を約5往復する。

乗車には、旅行商品「マリンフェスティバル日帰りパック」の購入が必要。大人1,400円で発売し、往復の乗車券と周辺施設の買い物券(1,000円)がつく。予約は秋田県内と弘前駅のびゅうプラザ、びゅう予約センター仙台で受け付ける。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、「秋田港海の祭典」に秋田港クルーズ列車運行