全日空(ANA)は、パスポート読み取り機能を追加した「自動チェックイン機」を7月上旬から国内の50空港に順次導入する。

国内空港の自動チェックイン機にパスポート読み取り機能が追加されることで、国内の航空会社としては初めて、国内線から国際線へ乗り継ぐ際に利用客自身の操作によるスルーチェックインが可能となる。ANAは「乗継におけるお待たせ時間を削減し、よりスムーズな乗継を実現いたします」としている。

広島空港への導入を皮切りに、7月は札幌/千歳・大阪/伊丹・仙台・関西・小松・福岡・富山・新潟・松山・岡山、8月は鹿児島・秋田・高松・東京/羽田・熊本・岩国・高知・宮崎・長崎・米子・函館、9月は神戸・庄内・鳥取・山口宇部・石垣・大分・徳島・旭川・佐賀・釧路・東京/成田・利尻・沖縄/那覇・大館能代・宮古・女満別・能登・石見、10月には中標津・稚内・福江・紋別・八丈島・青森・静岡・福島・対馬・名古屋/中部の各空港に順次導入していく。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、自動チェックイン機で国内線から国際線への乗継手続き可能に 国内初