シンガポール航空は、10月28日から2019年3月30日まで、大阪/関西〜シンガポール線にエアバスA380型機を投入する。

現在、ボーイング787-10型機を1日2便運航しており、そのうち1便をエアバスA380型機に置き換える。投入する機材は4クラス制で、「1-2-1」配列のスイート12席、「1-2-1」配列のビジネスクラス60席、「2-4-2」配列のプレミアムエコノミークラス36席、2階は「2-4-2」、1階は「3-4-3」配列のエコノミークラス333席を配置する。

シンガポール航空グループの日本の就航地のうち、大阪/関西はエアバスA380型機を投入する唯一の都市となる。インバウンド、アウトバウンドともに増加傾向にあるため、供給座席数の拡充を決定した。

■ダイヤ

SQ619 大阪/関西(11:00)〜シンガポール(17:10)

SQ618 シンガポール(01:30)〜大阪/関西(08:45)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、大阪/関西線にエアバスA380型機投入 10月28日から