東海道新幹線の新型車両N700Sの確認試験車J0編成がきょう6月23日、走行試験のため東京駅に姿を現した。

N700Sは、JR東海が2020年度の東海道新幹線への営業投入を目指す新型車両で、3月20日から静岡県内などを中心に走行試験を開始。これまで通算32日間、約6,600キロメートルで走行試験を行なっている。東京地区での走行試験は6月22日が初めてとなり、同日午後10時50分頃に東京駅に初入線。大井車両基地に入庫し、きょう23日朝に再び東京駅に現れた。

N700Sは午前10時23分頃、東京駅15番線を発車。加速性能確認やすれ違い確認試験を行いながら、新大阪駅との間を2往復する。今後も引き続き基本性能試験を実施し、9月頃からはバッテリー自走システムによる走行試験、10月頃からは8両編成での走行試験を行う。

■関連記事 鉄道技術開発の結晶、N700Sを生んだ研究施設をレポート 東海道新幹線の新型「N700S」完成 車内を初公開

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線N700S、東京地区で初の日中試運転 東京~新大阪間を2往復