タイムズカーレンタルは、高い禁煙車両ニーズに加え、タクシーを含む公共交通機関の禁煙化の流れを踏まえ、一部の商用車などを除き、貸出車両を禁煙化する。

禁煙化は10月10日から実施し、電子・加熱式タバコも喫煙として取り扱う。禁煙車の車両内で喫煙行為が確認された場合、損害金を払う必要がある。

パーク24グループのカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」は、既に全車両を禁煙としている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイムズカーレンタル、全国のレンタカーを原則禁煙化 10月10日から