JAL

日本航空(JAL)は、国土交通省がきょう1月11日に業務改善勧告を行ったことを受け、お詫びを発表した。

これは2018年12月の東京/成田発ホノルル行きの機内、2017年11月のホノルル発東京/成田行きの機内で同一の客室乗務員が乗務中に飲酒していたことが発覚したことによるもの。

国土交通省はJALに対し、2018年12月21日にも、ロンドンで副操縦士から基準値を大幅に上回るアルコールが検出されたことから逮捕、実刑判決を受けたことにより、事業改善命令を出している。

JALは、「昨年5月に弊社客室乗務員が乗務中に飲酒した不適切な事案を引き起こし、厳重注意を受けたにも関わらず、一昨年11月と昨年12月の2度にわたり、同一の客室乗務員による乗務中の飲酒が発覚し、再び運航規程違反となる事例を発生させてしまいましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。業務改善勧告を真摯に受け止め、改善策を期日までにとりまとめ、報告いたします。今後、このような事例を二度と発生させないよう再発防止策を徹底し、取り組んでまいります」とコメントした。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「国交省、JALに業務改善勧告