2017-03-04-EC5A1487

JR東日本は、非電化区間の環境負担提言を目的として交流電化区間と非電化区間を走行できる交流蓄電池電車ACCUM「EV-E801系」2両1編成を男鹿線に先行投入して2017年3月から営業運転を行っている。

環境対策および老朽化した気動車キハ40形・キハ48系を置き換えを取換えるため車両を新造することで男鹿線を交流蓄電池電車ACCUM「EV-E801系」に統一する。

追加投入時期は2020年度以降を予定している。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、男鹿線へ交流蓄電池電車ACCUM「EV-E801系」を追加投入でキハ40形・キハ48系を置き換え