2_sotetsu12000_naname_blue

相鉄グループの相模鉄道は、2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の新型車両12000系を導入すると発表した。

1_sotetsu12000_syoumen_blue

車両の開発コンセプトを「安全×安心×エレガント」とし、前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用した。

先頭形状は代表的な能面の1つである「獅子口」をイメージした力強いデザインで横浜を象徴とした濃紺色「YOKOHAMA NAVYBLUE」で車体を塗装する。

sotetsu12000_interior_2

内装は20000系の仕様を踏襲して落ち着きのあるグレー色で統一、時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明を採用する。

sotetsu12000_interior_1

全ての車両にフリースペースを設置し、「ユニバーサルデザインシート」を導入する。

3_sotetsu12000_sokumen_blue

1編成は10両、導入車両数は2019年度末までに全6編成を導入予定。

デザイン設計は「PRODUCT DESIGN CENTER」(代表鈴木啓太氏)、車両製造会社は総合車両製作所。

(画像提供:相鉄グループ・相模鉄道)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「相模鉄道、相鉄・JR直通線用新型車両12000系を2019年春に導入