韓国安山市--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーのSeoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、ドイツのデュッセルドルフ地方裁判所がフィリップス・ブランドの照明関連会社の特定の携帯電話機と照明製品に対して「2件」の恒久的差し止め命令を出したと発表しました。



裁判所は、Leuchtstark Vertriebs GmbHに対する特許訴訟において、Signify(元フィリップス・ライティング)子会社のKlite Lightingが製造する照明製品に対する恒久的差し止め命令を発表し、2017年3月より後に販売された該当製品の回収とその破壊を命令しました。Kliteの製品に対する別の最近の訴訟においても、ソウルは恒久的差し止め命令と、2017年10月より後に販売された侵害製品の回収と破壊の命令を獲得しています。 これは、ソウルが米国でフィリップス・ブランドのLEDテレビ製品の販売に関して恒久的差し止め命令を獲得した2件に続くものです。

別の特許訴訟では、欧州最大のエレクトロニクス小売会社の1社であるConrad Electricに対して、裁判所は、ソウルの特許を侵害していることを理由に恒久的差し止め命令と2017年10月より後に販売された侵害携帯電話製品の回収命令を出しました。

LED産業の技術は第2世代技術へと進化し、ソウルは過去20年間にわたって10億ドル以上を研究開発に投資することで第2世代技術の開発を先導してきました。過去3年間にわたり、ソウルは米国、英国、ドイツ、日本、中国、韓国において約30件の訴訟で勝利してきました。表には、強制措置が取られたソウルの特許技術の一覧が示されています。

ソウルの役員の1人は、このように説明しています。「知的財産は、生み出した集団や国にかかわらず価値ある発見と発明を守ることを可能にすることで中小企業や起業家に報酬をもたらします。知的財産は、歴史的に産業の革命を可能にしてきた見事な道具です。産業革命が起きてから、幼児の死亡率は43%から3%に低下し、絶対貧困率は80%から10%未満に低下し、識字率は上昇し、世界の人口の85%が電気を使用できるようになっています。ソウルの画期的なグリーン技術は全ての人のために未来を改善することに継続的に貢献していくと私たちは信じています。」

ソウル半導体について

ソウル半導体は、自動車、一般照明、特殊照明、バックライト市場に向けたLEDを開発し、商品化している。ソウル半導体は世界で第4位のLEDメーカーとして、10,000件以上の特許を保有し、幅広い技術を提供し、様々な製品を提供。たとえば、SunLike - サーカディアンリズムに合わせて最適化されたヒューマンセントリックな照明を実現する、世界でトップクラスの光の質を提供する次世代LED、WICOP - 器具レベルで市場トップクラスの色の均一性とコストの節約を提供する究極にシンプルな構造のパッケージフリーLEDで、高いルーメン密度と設計のフレキシビリティが特徴、NanoDriverシリーズ – 世界最小の24W DC LEDドライバ、Acrich - 2005年に開発された世界初の高電圧AC駆動LED技術で、チップからモジュール、回路製造、マルチジャンクション技術(MJT)までのすべてのAC LED関連技術を網羅する、nPola - 従来のLEDの10倍以上の出力を達成するGaN基板技術に基づく新しいLED製品、など。UCDはNTSC 90%以上を実現する高色域ディスプレイを構成。ソウル半導体に関する最新情報は http://www.seoulsemicon.com/jp/ を参照。


Contacts

報道関係者お問い合わせ先:
日本支社:ジャパンソウル半導体株式会社
広報担当
03-5360-7391

情報提供元:
記事名:「ソウル半導体がフィリップス・ブランドの照明関連会社のLED照明製品に対して再び恒久的差し止め命令と製品回収命令を獲得