台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最先端ASIC設計サービス及びIPを提供するファラデーテクノロジー社(TWSE:3035)は本日、同社の22nmULP /ULL基本IPセットが複数のIC開発、例えばIPカメラSoC、完全ワイヤレスステレオ(TWS)イヤホンSoC、IoT SoC、音声認識AIプロセッサー用途などでお客様に採用されたことを発表しました。このIPセットは、UMCの22nmULP/ULLプロセス技術に基づき開発され、次世代の携行型民生用途の電子機器やIoT機器のバッテリー稼働時間の延長や高性能化要件に対応可能です。


ファラデー社の22nm基本IPセットは2019年後半に発表されています。このIPセットは0.6Vから1.0Vまでの広範な動作電圧範囲に対応した標準的なセルライブラリーとメモリーコンパイラーを提供すると共に、0.7V単一電源のメモリーも提供し、お客様の電源設計を容易にします。動作電圧0.6Vの下でのSTA(静的タイミング解析)の非ガウス分布を解決するために、このIPセットはモーメントベースのLVF(リバティー・バリエーション・フォーマット)モデルを適用しています。そのため設計シミュレーションと実際の検証の結果の整合性が高まり、お客様のSoC設計プロジェクトの品質をさらに向上させます。

ファラデー社の最高執行責任者(COO)であるフラッシュ・リンは、次のように述べています。「当社の包括的な22nmULP/ULL基本IPセットが短期間で、メインストリーム及び急成長中している民生用途の電子機器に導入されました。このIPを活用することで、当社のお客様は新規の22nm設計を容易に導入し、また既存の28nmのデザインから22nmに移行するとともに、より優れたPPA(電力、性能、チップサイズ)を実現することができます。お客様のニーズを更に満たすべく、引き続き当社の22nm IPポートフォリオに投資を行い、アナログ、クロック、高速インターフェースなどの重要なIPを近々に提供していく予定です。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、LPDDR4/4X、DDR4/3、MIPI D-PHY、V-by-One、USB 3.1/2.0、10/100イーサネット、ギガビット・イーサネット、SATA3/2、PCIe Gen4/3及びプログラマブル28G SerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本と中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細は下記にアクセスしてご確認ください。www.faraday-tech.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press Contact: Faraday Tech, Evan Ke, +886 3 578 7888 ext. 88689, media@faraday-tech.com

情報提供元:
記事名:「インテリジェントIoT機器用ICに幅広く採用が広がる ファラデー社の 22nm基本IP