ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スター・インシュアランス・カンパニーズの事業部門のスター・マリンは、スターの顧客によるあらゆる規模の港湾ターミナル業務に固有のリスクの特定と削減を支援するために構築された総合的なターミナル管理システム(TMS)評価プログラムを導入しました。


業界専門家と共同で開発したこのTMSプログラムは、業界のベストプラクティスに照らしてターミナル業務を評価するために作成された独自のツールです。独立した海事鑑定人を活用することにより、スター・マリン損失抑制サービス・チームがターミナルの経営陣と協力して業務、メンテナンス、安全手順の徹底したオンサイトの評価と検証を実施します。

この評価により、ベンチマーク化されたスコアに加えて、業務のリスク管理策と損失抑制計画の強化のための詳細な推奨事項が顧客に提供されます。

シニア・バイスプレジデント兼スター・マリン責任者のマシュー・デービスは、次のように述べています。「当社は、最近注目を集めている多くの港湾事業者の損失が明らかになる前から、TMSツールの開発に取り組んできました。しかしながら、今回のような出来事は、スターの損失抑制アプローチが損害の発生前にそれを防ぐためのお客さまとの協働の要であることを改めて痛感させます。」

スター・インシュアランス・カンパニーズについて

スター・インシュアランス・カンパニーズ(あるいはスター)は、スター・インターナショナル・カンパニーの保険事業および旅行時支援サービス会社と子会社ならびにC.V.スター・アンド・カンパニーおよびその子会社の投資事業のマーケティング上の名称です。スターは6つの大陸に拠点を置く大手保険・投資会社で、保険事業会社を通じて損害保険、災害保険、傷害・医療保険のほか、航空、海上、エネルギー、超過損害保険を含む様々な特殊保険を提供しています。スターの保険子会社は、米国、バミューダ、中国、香港、シンガポール、英国、マルタにあり、すべてAMベストから「A」(エクセレント)の格付けを得ています。スターのロイズのシンジケートは、スタンダード&プアーズから「A+」(強い)の格付けを得ています。

www.starrcompanies.comをご覧いただくか、リンクトインツイッターでのフォローをお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Charlie Armstrong
Vice President, Marketing
charlie.armstrong@starrcompanies.com, 646.758.8308

情報提供元:
記事名:「スターの海上部門がターミナル管理システムの損失抑制プログラムを導入