東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2020年、柔軟性のあるオフィススペースの必要性が新たな脚光を浴びました。



パンデミックの間に、ワークスペース・モデルは多くの国でオフィスから自宅へと移行しました。しかし時が経つにつれ、パンデミックは従業員がオフィススペースを必要としていることを、これまで以上に浮き彫りにしました。コンパスオフィスは、パンデミック後のビジネス環境の変化に対応するオフィス・ソリューションで一歩先を行っています。

日本では、在宅勤務モデルには運用コストと生産性の面で課題が生じていると報じられています。正社員向けのテレワーク設備は、日本企業に年間1兆3000億円の負担をかけると推測されています。一方で、企業は日本に在宅勤務の用意ができていない理由として、ITインフラの不足やセキュリティー・プロトコルを挙げています。

たとえ在宅勤務が経済面で代替手段になるとしても、必ずしも生産性の向上につながるとは限りません。狭いアパートやワークスペースの不足、同居する家族などが集中力や生産性に与える影響は、毎日の通勤の苦労を補う以上に大きいかもしれません。より明確な労働時間、はっきり区別できるワークライフバランス、明らかな役割分担、より大きなチーム・エンゲージメント、生産性の高い仕事環境といった、オフィス環境が提供する重要な側面がないがしろにされてしまうことも忘れてはいけません。

このような時こそ、コンパスオフィスのようなフレキシブル・オフィスのプロバイダーに注目されるのです。当社は、安全で、即座にビジネスを始められ、費用対効果が高く、従業員のウェルビーイングを促進するプライベート・オフィスの市場需要を満たしています。

日本では、従業員の機敏さが高まるような在宅での勤務の準備はまだできていないかもしれませんが、大手企業は間違いなく、このギャップを埋めるために従来型のオフィスよりも柔軟性のあるワークスペースというアイデアに乗り気になりつつあります。

コンパスオフィスは東京の主要なビジネス地区である渋谷区と港区で、恵比寿グリーングラス虎ノ門40MTビルにビジネスセンターを構え、フレキシブルなレンタルオフィスを提供しています。当社のサービス付きオフィス、シェアオフィス、コワーキング・スペースは、安全性、柔軟性、生産性、拡張性を考慮して設計されています。

恵比寿グリーングラスは東京のネットワークに加わった最新のビジネスセンターであり、JR恵比寿駅や東京メトロから歩いてすぐの場所にあります。明るく広々としたオフィス、共用ワークスペース、役員会議室や会議室のほか、50平方メートルのガーデンテラスに面した無料ビジネスラウンジ「ハビタット」があります。

コンパスオフィスでは空室がある限り、2021年から最低6カ月のご契約で、2020年中はワークスペースを無料で提供しています。詳細は+81 3 4530 9685までお電話いただくか、japansalesteam@compassoffices.comまでメールでお問い合わせください。

コンパスオフィスについて

コンパスオフィスは、アジア太平洋をリードするフレキシブル・オフィススペースのプロバイダーです。2009年に設立されたコンパスオフィスは、9都市に拡大し、2万社を超える顧客にサービスを提供してご満足いただいています。当社顧客には、フォーチュン500社、新興成長企業、起業家、独立した専門家、企業チームなどが含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Kelly Tey
Direct Line: +852 3978 5392
Email: kelly.tey@compassoffices.com

情報提供元:
記事名:「オフィスワークvs在宅ワーク:なぜオフィスは日本のこれからの働き方であり続けるのか