仏クールブヴォア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ディディエ・フォンテーヌはアイデミアに11月2日付で最高執行責任者(COO)として入社し、財務、法務、戦略、M&A、IT、購買を統括します。



ディディエ・フォンテーヌは、幾つかの一流国際グループでの25年以上に及ぶ最高幹部職の経験を携えて、アイデミアに入社します。

フォンテーヌはトップクラスアスリートとしてのキャリアを終えると、銀行業界で働き始め、フランス、カナダ、ブラジルで10年間近くにわたりさまざまな職務を歴任しました。その後、シュルンベルジェ(1995~2001年)とフォルシア(2002~2005年)で、財務、資金調達、ITの部門で数々の管理職を務めました。

2005年より、ディディエ・フォンテーヌは自らのキャリアの新たな章を開き、さまざまな上級幹部職を務めて、幾つかの企業の価値を構築し高めてきました。例えば、2008年の経済危機の間、財務・IT担当エグゼクティブバイスプレジデントとして、プラスチック・オムニアムを変革する上で極めて重要な役割を果たしました。

2012年にディディエ・フォンテーヌは最高財務責任者(CFO)および購買・IT担当ヘッドとしてコンステリアムに入社し、同社は2013年にニューヨーク証券取引所への上場に成功しました。2016年から2018年にはゾディアック・エアロスペースの総務・財務担当ディレクターとして、法務、IT、購買を統括し、ゾディアック・エアロスペースとサフランの合併で大きな貢献を果たした後、ヴェラリア・パッケージングのグループ最高財務責任者を務め、2019年のユーロネクストへの上場を成功裏に統括しました。また、ヴェラリア・パッケージングでは、M&A、IT、購買、サプライチェーンの管理も行いました。

アイデミア・グループのピエール・バリアル社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「フォンテーヌが入社し、アイデミアの未来の構築に力を貸してくださることに感激しています。フォンテーヌは幹部職として優れた実績があり、また数多くの業界での財務、企業経営、国際経験は、当社にとって大きな財産となるでしょう。」

ディディエ・フォンテーヌは、次のように述べています。「技術の最前線で活躍するアイデミアへ、社の発展の極めて重要な時期に入社できることを非常にうれしく思います。ピエール・バリアルCEOと幹部チームと共に全力を尽くし、財務、法務、IT、組織の分野における私の職歴経験すべてをアイデミアの現在と将来のプロジェクトへ投じて、当社の目標を達成したいと思います。」

アイデミアについて

拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。世界で1万5000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IDEMIAGroupをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press, Hanna Sebbah, idemia@havas.com

情報提供元:
記事名:「アイデミア、ディディエ・フォンテーヌを最高執行責任者に任命