米ミシガン州サウスフィールド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- パワー・マネジメント企業のイートンは本日、当社のインダストリー4.0戦略の一環として、当社の車両グループが開発期間を短縮し、効率を向上させるべく、新しい3D金属印刷プログラムを実施していると発表しました。この初の金属プリンターシステムはノースカロライナ州キングスマウンテンの施設に設置しました。また3Dポリマー印刷技術の世界規模での導入を2021年第1四半期までに完了させる予定です。


この3Dプリンターは、高品質の固定具/治具、安全装置、組み立てとハンドリングのための自動化グリッパー、交換が必要な保守用部品を製作するために利用します。試作品の開発は、製品開発試験の迅速化を支え、効率を向上させるという同じ戦略に従います。

生産高と効率を改善

設計プロセスを速めるために、スキャナーを使用して既存コンポーネントの3Dモデルを作成します。このプロセスにより、コンポーネントにリバースエンジニアリングを施して、使用材料を減らすためのコンポーネントデザインの変更、さまざまな形状要素の追加、複数コンポーネントの単一パーツへの統合など、3D印刷機能をより良く活用できます。

世界中で3Dプリンターの導入数が拡大する中で、イートンの車両グループはリードタイムの​​短縮やコスト節約など、さらなる運用の改善を実現しています。

3D印刷技術は、必要な所にのみ材料を追加し、より高度なデザインを開発できるようにします。これら2つの要素を合わせて、材料費を削減しながら、必要な後処理作業の量を削減します。

3D印刷の詳細

金属のパーツやコンポーネントを印刷するプロセスは、ロッドに保管され、ワックスとポリマーバインダーと一緒にされている金属粉末から始まります。押し出し成形と同様に金属が融け、3Dプリンターがプログラムされたパターンに基づいて、レイヤーを重ね始めます。

印刷プロセスが完了すると、パーツやコンポーネントを化学浴に通して、ポリマーバインダーの大部分を除去します。パーツは次に炉に通して、残留しているワックスとポリマーを除去し、金属材料を高密度構造に融合します。印刷するパーツやコンポーネントの用途と印刷に使う材料に応じて、追加の熱処理プロセスを実施し、パーツの強度をさらに高めることができます。

コンポーネントを印刷するための合計リードタイムは、パーツのサイズや複雑さなど、幾つかの基準に依存します。パーツやコンポーネントの設計と必要な公差に応じて、後処理を実施することもできます。脱バインダー作業と熱処理はバッチで行われ、次のコンポーネントが印刷される間、数種類のコンポーネントを一緒にしてこれらのプロセスを施します。プリンター、脱バインダー、炉の作業は統合ループで実施されますが、脱バインダーまたは炉を複製することなく、プリンターの数を増やせる柔軟性があります。

当社は今後、車両グループの3D印刷能力を活用して、生産時間をさらに短縮し、効率を向上させていきます。当社車両グループのインダストリー4.0の技術と利点の詳細をご確認ください。

イートンのミッションは、パワー・マネジメント技術とサービスを使用して生活の質と環境を改善することです。当社は、顧客による電気・油圧・機械式動力の効果的な管理を支援できる安全で効率的で信頼性のある持続可能なソリューションを提供しています。イートンの2019年の売上高は214億ドルで、175カ国を超えるお客さまに製品を販売しています。従業員数は約9万2000人です。詳細情報については、www.eaton.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Thomas Nellenbach
thomasjnellenbach@eaton.com
(216) 333-2876 (cell)

情報提供元:
記事名:「イートンが開発時間を短縮し効率を向上させるための新しい金属3D印刷プログラムを開始