ダブリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 生命・傷害・医療保険向け団体・個人コアシステムの提供で市場をリードするフィネオス・コーポレーションASX:FCL)は本日、オーストラリア最大で最も評価の高い年金基金の1つであるQSuper Groupの完全所有子会社QInsureとの間で基本合意書(HoA)を締結したと発表しました。これは、QInsureのFINEOS ClaimsシステムをFINEOS Platform, powered by AWS上のFINEOS Claims SaaSエディションにアップグレードする意図を示すものです。


QInsureは2019年9月にFINEOS Claimsを導入して実稼働させました。これにより、生命保険、完全永久障害(TPD)、所得保障の保険金請求のプロセスとワークフローの改善、統合、自動化を通じて、加入者中心の請求結果を実現することができました。このプログラムの主な注目点として、自動支払金計算やフィネオス金融サービス評議会(FSC)実践規範ビジネス・コンテンツがあり、事案担当者による保険契約の履行と規制的義務の順守を支援します。

この関係について、QInsure最高経営責任者(CEO)のPhil Fraserは、こう述べています。「当社のフィネオスとのパートナーシップは継続的に成長しており、当社はFINEOS Claimsシステムのメリットを享受しています。例えば、請求処理が効率化されることで、当社の請求担当者はQSuper加入者に優れた結果を提供することに集中できます。当社は、当社組織の機敏性、デジタル顧客エクスペリエンス、当社の優れたサービスを支える一助としてフィネオスとのパートナーシップを継続できることをうれしく思います。」

Fraserは、このようにも述べています。「当社のフィネオスとのパートナーシップは比較的新しいものですが、フィネオスは信頼できる価値あるパートナーとなっています。当社はこのHoAに基づいてフィネオスと密接に協力し、APRA(オーストラリア健全性規制庁)から私たちのアプローチへの支持を確実にいただけるようにしていきます。」

フィネオス最高経営責任者(CEO)のMichael Kellyは、このようにまとめています。「QInsureはパートナーとして素晴らしい企業であり、社員が常にベストを尽くすことに強く力を入れています。当社は、オーストラリアで最も評価の高い基金の1つとのパートナーシップにおける次の段階に期待を寄せています。フィネオス・プラットフォームへの移行は、フィネオスと当社のオーストラリアおよびニュージーランド地域のクライアントにとって期待の持てる機会です。この移行を支えることは、フィネオスの主要な戦略目標の1つです。当社の北米のクライアントは既に当社のSaaSベースのフィネオス・プラットフォームのソリューションを過去3~4年間に採用しており、米国とカナダで当社が『クラウド・オンリー』のSaaSベンダーになってから3年以上が経過しています。」

昨年フィネオスは、フィネオス・プラットフォームでのコア・ソリューションの売り上げで最高記録を達成し、現在、オーストラリアとニュージーランドでクラウド・ソリューションへの関心が広がっていることを確認しています。Covid-19は生命・傷害・医療保険でのデジタル変革を加速させ、保険会社の間では、働くこと、購入すること、カスタマー・サービスを受けることをどこからでも可能にする柔軟な現代的なビジネスモデルを持てるように、クラウド・コンピューティングへの移行が望まれています。

過去6年間の間に、フィネオスは研究開発に1億ユーロ以上を投資してFINEOS AdminSuiteを開発してきました。これは、生命・障害・医療保険のためのエンドツーエンドのSaaSコア管理システムであり、保険契約、保険料請求、保険金請求の管理が含まれます。フィネオスは2019年にASXに上場され、2020年8月にはフィネオスはライムライトを買収しました。同社は、米国の団体・任意従業員福利厚生業界にソフトウェア製品「Quote」、「Underwrite」、「Rating」を提供するシリコンバレーのSaaSプロバイダーです。

フィネオスはANZ地域の最大で最も評価されている保険会社の一部との間に確立された信頼関係を持っています。当社は、評価の高い業務遂行とクライアント・サポートの実績を持つ非常に優れた現地チームを持っていることを誇りとしており、QInsureとのパートナーシップで仕事を続けていくことをうれしく思います。

フィネオス・コーポレーション・リミテッドについて

フィネオスは世界の生命・傷害・医療保険会社向けコアシステムの先進的提供企業であり、オーストラリアの大手生命保険会社の6社、米国の大手団体生命保険会社および医療保険会社上位10社のうち7社を顧客としています。世界各地に従業員とオフィスを擁するフィネオスは、北米・欧州・アジア太平洋の革新的かつ進歩的な保険会社と協力しながら、急拡大を続けています。

FINEOS Platformは、完全なエンドツーエンドのコア保険管理をクライアントに提供し、これには、コア製品スイートのFINEOS AdminSuiteのほか、デジタル・エンゲージメントを支援するFINEOS Engageと分析・レポーティング向けのFINEOS Insightがアドオン製品として含まれています。

詳細情報については、www.FINEOS.comをご覧ください。

QInsureについて

QInsureは、QSuperのための団体生命保険契約を独占的に提供するために設立されました。これは、年金加入の一環としてQSuperの加入者に生命保険のメリットを提供できるようにするためです。

オーストラリアの年金基金によって設立された最初の保険会社であるQInsureは、QSuperリミテッドの完全所有子会社として2015年7月29日に設立され、2016年7月1日から生命保険の提供を開始しました。当社は、保険会社としての事業を行うためにASFLとAPRAの免許を持ち、独立取締役会とエグゼクティブ・リーダーシップ・チームも備えています。

QSuperについて

QSuperは、現在QSuperグループと呼ばれている事業体を創設する1912年の国会制定法によって作られました。

その後QSuperは拡大し、現在と過去のクイーンズランド州の公共セクターのすべての従業員と配偶者のための年金基金になり、今ではクイーンズランド州最大の年金基金であり、オーストラリア全体でも最大規模となっています。QSuperは、独自の商品とサービスを充実させ、その顧客数は現在58万5000を超え、管理する基金は1130億ドルを超えています。

基金加入資格の制限を取り除く2016年の法律の可決により、2017年7月1日から、より多くのオーストラリア人をQSuperに受け入れてサービスを受けていただくことが可能になりました。

詳細情報については、https://qsuper.qld.gov.au/をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Victoria Jamison
Marketing Manager
FINEOS Corporation
+ 353 1 639 9700
victoria.jamison@FINEOS.com

情報提供元:
記事名:「オーストラリア・クイーンズランド州のQInsureとフィネオスがクラウドHoAに署名