欧州フィンテックの成功物語で果たした極めて重要な役割が評価される

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 先進的支払いイシュアー・プロセッサーのグローバル・プロセシング・サービシズ(GPS)は、デジタル決済の世界的リーダーで戦略的パートナーのビザから戦略的投資を確保しました。英国のグロース・プライベート・エクイティ会社のダニーデンが支援するこの戦略的投資は、GPSの世界的拡大を加速させるもので、レボリュートやスターリング銀行など、当社が欧州と東南アジアでの新しく革新的なフィンテックやデジタル銀行の立ち上げを成功させたことに続いて行われます。


GPSのジョアン・デュワー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「今回のビザとの戦略的提携は、GPSの成長過程の素晴らしい一歩です。信頼と実績を誇るプロセッサーとしての評価であり、事業範囲をさらに拡大できます。当社は世界中でビザと素晴らしい関係を築いており、両社の能力を協力して示していく中で、それをますます強化したいと思います。GPSは顧客の成功に独自に焦点を当てており、フィンテック物語の中心で当社が果たす役割に光を当てる機会を歓迎します。」

GPSは、ブランドが高度に個別化された利用者体験を提供し、柔軟性と管理をカード保有者の手に委ねられるようにすることでフィンテック革命を推進した実績あるペイテック・パイオニアです。GPSは、概念実証の機動性から本格的な世界的サービス提供まで、フィンテック、デジタル銀行、eウォレット提供企業の成長過程をサポートする態勢を整えた先進的イシュアー・プロセッサーです。

英国際貿易省のフィンテック・ブリッジとシンガポール経済開発庁の支援を受けて、GPSは昨年APAC地域への拡大に成功し、オーストラリアで2番目のネオバンクで預金受入機関として認可予定のシンジャ(Xinja)や、香港初の現地生まれの仮想銀行である匯立銀行(WeLab Bank)など、成功したプログラムを既に実現しています。ビザのAPACフィンテック・ファストトラック・プログラムの選好イシュアー・プロセッサーの1つに選ばれているGPSは、2021年東京夏季オリンピック大会の次世代ショーケースの提供でビザと緊密に連携しています。

現在、当社はビザの選好プロセッサーの1つとして、欧州とAPACの成果を他の地域に広げることを目指しています。

デュワーは、次のように述べています。「決済業界全体が急速に進化しており、現金取引よりデジタル決済が好まれて利便性が高まっているため、さらに加速しています。技術革新と強固な連携を通じて、私たちはすべてのお客さまへのより良い金融体験の提供を首尾良く加速させていきます。」

ビザ・ベンチャーズのケビン・ジェイクス副社長は、次のように述べています。「GPSは、エコシステムに価値ある機能を提供して決済業界を前進させる潜在力のある企業に当社が継続して投資・提携している事例の1つです。同社は強力なバランスシートを持ち、主要な地域全体でリーダーシップと成長を実現しており、今後も決済処理を可能にする重要企業であり続けると確信しています。」

クロスカード最高経営責任者(CEO)でGPS戦略的顧客評議会代表のケビン・マーフィー氏は、次のように述べています。「ビザの投資は、GPSの市場をリードするイシュアー・プロセッサーの能力を強く支持するもので、世界最大のデジタル・ブランドの一部が迅速に確実に革新的な商品を立ち上げる能力の恩恵を受けています。私たちは、GPSのパートナー指向のアプローチと比類のない柔軟性を高く評価しています。これは、欧州の大手デジタル発行ソリューション提供企業の1つとしての当社の成長を加速する上で貴重でしたし、当社事業へのサポートのおかげで当社は自社の発行事業に注力できました。」

「GPSはフィンテック処理の先駆的企業としての地位を確立しており、ビザの投資は世界的な決済処理のリーダーになるための進化における次の自然で論理的なステップです。」

本取引では、フィナンシャル・テクノロジー・パートナーズとFTPセキュリティーズ(FTパートナーズ)がGPSの独占財務・戦略顧問を務めました。

グローバル・プロセシング・サービシズ(GPS)について

グローバル・プロセシング・サービシズ(GPS)は、レボリュート、スターリング銀行、カーブなど、今日の大手チャレンジャー・ブランドのための信頼と実績を誇る決済処理パートナーです。

2007年に設立されたGPSの非常に柔軟で構成可能なプラットフォームは、世界的なフィンテック、デジタル銀行、eウォレットがしっかりと管理を維持しつつカード保有者に豊富な機能を提供できるようにしています。

GPSは、世界中のクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの全取引の処理・管理についてビザとマスターカードの認定を受けており、ロンドン、ニューカッスル、シンガポール、シドニーにオフィスを構えています。ティア1銀行が要求する厳しい基準を満たす設備を持ち、40行以上の発行銀行と統合し、150種類以上の通貨を使用して60カ国で180以上の顧客向けプログラムを運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

SkyParlour
Becky Sales
Senior Account Manager
Becky.sales@skyparlour.com

情報提供元:
記事名:「グローバル・プロセシング・サービシズがビザの投資で世界的成長を継続