サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・アナリティックスは、同社の受賞歴のあるリスクモデル群を改良し、ノンバンク金融機関やプロジェクト・ファイナンス取引などの特殊資産クラスの信用力を評価するための新たなスコアカードを導入しました。


オルタナティブレンダ―や特殊資金供給ビークルによる与信の割合は、ここ数年で増加しています。こうした資金供給会社は現在、新型コロナウイルスによる景気後退の影響が世界経済全体を揺るがす中、不確実な資金調達環境や流動性リスクの上昇に直面しています。

RiskCalc™ Scorecard Suiteは、クレジット担当者がこのようなニッチな資産クラスのデフォルト・リスクを計測し、将来を見据えたリスクの視点を取り込めるように設計されており、CECLやIFRS第9号への対応などに利用することができます。スコアカードは、スタンドアロンモデルとして、内部のスコアリングのためのインプットとして、あるいはベンチマーク・ツールとして使用することができます。

ムーディーズ・アナリティックスのマネジング・ディレクターのニヒル・パテルは、次のように述べています。「当社の新しいスコアカードをお使いいただくと、クレジット担当者や投資担当者は、時間のかかるモデリングのプロセスに忙殺されることなく結果に集中出来るようになります。本製品は、ポートフォリオ全体に明確かつ一貫性のある基準を提供することでお客さまの優れた意思決定を支援する当社の取り組みを再確認するものです。」

このScorecard Suiteは、当社のデフォルト確率(PD)スコアリング・ソリューションにおける最新の追加製品です。PDスコアリング・ソリューションは、フォワードルッキングなPDまたはEDF™(予想デフォルト確率)、デフォルト時損失率、予想損失といった信用指標を生成することで、非上場企業と上場企業の信用リスクの評価に総合的アプローチを提供します。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、当社のウェブサイトをご覧いただくか、TwitterまたはLinkedInで当社をフォローしてください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)の子会社です。ムーディーズ・コーポレーションの2019年の売上高は48億米ドルで、世界に約1万1200人の従業員を擁し、40カ国で事業を運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

TRACY FINE
Moody’s Analytics Communications
+1.415.874.6013

Moody’s Analytics Media Relations

moodysanalytics.com
twitter.com/moodysanalytics
linkedin.com/company/moodysanalytics

情報提供元:
記事名:「ムーディーズ・アナリティックスが信用リスク・ソリューションを特殊資産クラスに拡張