合成アイデンティティー詐欺のリスクを抑制するダイナミック・データを活用した新サービス

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルID検証の世界的リーダー企業のEkataは、Account Opening API(口座開設API)を導入しました。高リスク口座で対策を取ることで合成アイデンティティー詐欺による損失を低減することを目的に設計されています。Account Opening APIは、オンライン申請プロセスの際に悪者の可能性がある者と善良な顧客とを識別します。顧客オンボーディング戦略をサポートするAccount Opening APIの機能は、次の通りです。

  • 個人融資のセキュリティーを確保 – 虚偽の情報や誤解を招く情報を使った口座開設を防止することで不正な借り手が失踪することを回避します。
  • 信用偽装の防止 – 悪者がプレゼンスを確立して口座を操作することを事前に食い止める予防的措置を取ります。
  • 申請放棄の削減 – 低リスクの申請者には、手間を削減して申請プロセスを迅速かつ容易で効率的なものに調整できるようにし、同時にデータの正確性を確保します。

最近の研究では、米国の金融犯罪の中で最も急速に増加しているものが合成アイデンティティー詐欺だということが判明しています。実際、詐欺によって銀行が被る損失の60%以上が本人情報詐欺によるものだと推定され、その20%が合成アイデンティティー詐欺です。アメリカ銀行協会によれば、合成詐欺による貸し手の被害は毎年60億ドル以上に上り、1口座当たりの平均損失額は1万ドルと推定されています。加害者は、正しい資格情報を虚偽の二次的情報と組み合わせて作られた本人情報を利用して銀行を欺き、金融機関に減損や損失を引き起こしています。このような攻撃には、顧客のオンボーディング時に予防的に対処する必要があります。

Ekataの製品管理担当バイスプレジデントのBhavana Mathurは、このように述べています。「オンラインで漏洩した従来型の本人確認情報が増えていることで、詐欺犯がアイデンティティーを合成して育成することが容易になっています。この種の詐欺は、本人情報の一部が本物であるために検出が難しく、口座開設プロセスをすり抜けることがよくあります。EkataのAccount Opening APIは、静的・動的なデータ情報を活用してこの種のサイバー犯罪の初めからの検出と防止に貢献します。」

Account Opening APIの主要機能は次の通りです。

  • アイデンティティー・リスク・スコア – 5つの中心的個人特定要素(氏名、電話番号、電子メール、住所、IP)と利用パターンにわたるダイナミック・データを組み合わせた総合リスク・スコア。
  • アイデンティティー・ネットワーク・スコア – Ekataのネットワークからの実世界のクエリーにわたる個人特定要素の利用パターンに基づいた予測的リスク・スコア。
  • ネットワーク・シグナル – 位置アドレス(最後に確認されたIP)、電話番号(最後に使用された電話番号)、提供された電話番号とメールアドレスの関係(最初に確認された電話番号とメールアドレス)のリスクを評価する3つの独自シグナルを返す。
  • 最小限の情報要件 – 検証プロセスの開始に必要な情報は一般的な情報2つのみ(電話番号かメールアドレス、およびIPアドレス)。その他すべての情報は任意。
  • 拡張性 – 大規模な持続的な毎秒クエリー回数要件をサポートしながら低レイテンシーを確実に維持できる柔軟性。

サイバー犯罪はこれまでになく高度化していますが、ダイナミックなID要素と実世界の利用パターンを活用することで、発行機関は詐欺口座の検出と抑止を成功させる確率を高めながら正当な口座の利用が過剰に煩雑になることを避けることができます」と、Mathurは述べています。

Account Opening APIは、エリート・エンタープライズ・グレードのインフラストラクチャー上に築かれた業界最速で最も信頼性の高い技術スタックを使用し、Identity Graphからの正確な世界的なIDデータを利用し、Identity Networkからの独自情報によって差別化されています。

Account Opening APIを自社のリスクモデルに統合する方法の詳細については、Ekataのウェブサイト(https://ekata.com/products/account-opening-api/)をご覧ください。

Ekataについて

Ekataは、自動化意思決定のためのエンタープライズ・グレードのAPIによる世界的なID検証ソリューションと、国際企業が正常トランザクションの予測可能性を最大化することで収益を拡大できるようにする手動レビューのためのSaaSソリューションであるPro Insightを提供しています。Ekataの製品スイートは、この種のものとして初めてで唯一の国際ID検証エンジンであるEkata Identity Engine(EIE)を使用しています。これは、電子メール、電話番号、名前(個人名または企業名)、住所・所在地、IPという5つの中心的な消費者属性にわたる複雑なマシンラーニング・アルゴリズムを使用し、Ekata独自のネットワーク内にある数十億件の実世界トランザクションと多様な世界的プロバイダーからライセンス提供されたデータから、独自のデータ・リンクと特性を導出しています。アリペイ、マイクロソフト、ストライプといった世界各地の企業が当社製品スイートを活用し、正常トランザクションの承認の増加、口座開設時の顧客の手間の削減、詐欺の発見に役立てています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ekata Media Contact:
Danielle Capers
dcapers@voxuspr.com

情報提供元:
記事名:「Ekataが口座開設APIを導入