ウーリッヒ・ストックハイムは2020年12月31日付けで社外の活動を追求

米ジョージア州ダルース--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 農業機器・ソリューションの世界的製造・販売会社のAGCO(NYSE:AGCO)は本日、ウーリッヒ・ストックハイム最高コミュニケーション責任者が2020年12月31日付けでAGCO外でのビジネス上の関心を追及することを選択したと発表しました。

ストックハイムは2015年3月に最高コミュニケーション責任者としてAGCOに入社し、就任以来、報道機関やメディア、投資家、政治団体、非政府組織を含む当社の国際的な企業コミュニケーションを担当してきました。AGCO入社前は、コミュニケーション・コンサルティングPR会社ストックハイム・メディアのマネジングパートナーとして、AGCOとマーティン・リッシェンハーゲン会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)の社外専門顧問を長年勤めていました。

リッシェンハーゲンは、次のように述べています。「ウリは、AGCOとの契約期間を通じて世界中でAGCOの知名度を高める上で重要な役割を果たしてきました。その幅広い知識と経験の貢献により、当社は世界に食糧を供給する農業従事者に持続可能なハイテク・ソリューションを提供する世界的リーダーとして認知されるようになりました。私自身も、その指導と専門知識、友情の恩恵を受けました。」

ストックハイムは、次のように述べています。「AGCOとその優れたブランド・ポートフォリオの認知度を高めつつ世界の食料安全保障に貢献できたことは、大きな喜びです。私は他のビジネス上の関心により多くの時間を割くことを決めましたが、過去数年間の成果を誇りに思いますし、AGCOの継続的な成功を楽しみにしています。」

コーポレート・コミュニケーションの職務の移行については、後日発表いたします。

AGCOについて

AGCO(NYSE:AGCO)は、農業ソリューションの設計・製造・販売における世界的リーダー企業として、フルラインの機器と関連サービスを通じて、世界に食糧を供給する農業従事者にハイテク・ソリューションを提供しています。AGCOの製品は、Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®の5つの中核的ブランドによって販売され、Fuse®スマート農業ソリューションに支えられています。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構えるAGCOは、2019年に90億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、https://www.AGCOcorp.comをご覧ください。当社のニュース、情報、イベントについては、ツイッターで@AGCOCorpをフォローしてください。ツイッターでの財務ニュースについては、ハッシュタグ#AGCOIRの投稿をフォローしてください。

当社ウェブサイトをご覧ください:www.AGCOcorp.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Greg Peterson
Vice President, Investor Relations
(770) 232-8229
Greg.Peterson@AGCOcorp.com

情報提供元:
記事名:「AGCOが最高コミュニケーション責任者の交代を発表