セールスフォースの元EVPでコルゲート・パーモリーブの取締役がモダン・ガバナンスにおけるディリジェントの市場リーダーシップの加速を支援

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 70万人近い取締役と経営陣が利用する世界的な有力モダン・ガバナンス企業のディリジェント・コーポレーションは本日、リサ・エドワーズを社長兼最高執行責任者(COO)に任命したと発表しました。エドワーズはディリジェントに入社するまでセールスフォースに勤務し、直近では戦略的事業運営担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めました。エドワーズは、ディリジェントのブライアン・スタッフォード最高経営責任者(CEO)に直属します。


ディリジェントのブライアン・スタッフォード最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「エドワーズは、世界トップのクラウド・エンタープライズ・ソフトウェア企業向けの市場展開戦略を統括した経験を有し、ディリジェントが世界的拡大を続け、今後の機会を生かす上で、当社に最も適した人材です。エドワーズは、その豊富な専門知識とリーダーシップの経歴を生かすだけでなく、大手グローバル公開会社の取締役として、当社の顧客企業を独自に理解しています。また今日の主要企業が進化する中でのESGとステークホルダー資本主義の重要性、および企業がガバナンス・ソリューションに投資する必要性を受け入れています。エドワーズをディリジェントならびに当社経営陣に迎えられたことをうれしく思っています。」

エドワーズは、広範な調査プロセスを経てディリジェントに入社しました。その今後の優先事項には、トップのグローバル・モダン・ガバナンス・プラットフォームとしてのディリジェントの地位を高めること、ディリジェントの顧客コミュニティーの成功と満足を実現すること、ディリジェントのイノベーションとパートナーシップ戦略をさらに前進させることが含まれます。エドワーズは、約20年にわたって大規模なビジネス変革と運営の卓越性を推進してきたグローバルな経験を生かします。セールスフォースでの8年間で複数の指導的地位に就き、在職期間の最後には戦略的事業運営担当EVPを務めました。この役割でエドワーズは、世界トップのCRMプラットフォームのグローバル・セールス戦略、パートナーシップとアライアンス、産業、顧客体験、オフィス・オブ・イノベーション、ITを統括しました。

エドワーズは、次のように述べています。「この世界クラスのチームに参加し、ディリジェントの社長兼COOを務めることができて光栄です。ディリジェントは、良いことをしつつ業績を上げるという気風を体現する企業であり、今はディリジェントが取締役会と経営陣のデジタル変革をサポートする中で、成長の可能性を最大限に高められる活気あふれる時期です。取締役会はこれまで以上に接続され、機敏で、デジタルで、リアルタイムである必要があります。モダン・ガバナンスのソリューションを提供するというディリジェントの取り組みは、当社がサービスを提供するお客さまに多大なビジネス価値をもたらすでしょう。」

リサ・エドワーズについて

リサ・エドワーズは、ディリジェント・コーポレーションの社長兼最高執行責任者(COO)です。ディリジェントに入社するまで、エドワーズはセールスフォースに勤務し、戦略的事業運営担当エグゼクティブ・バイスプレジデントを務めました。それ以前は、グローバル企業サービス(GCS)を運営し、最高人事責任者(CPO)を務めました。

セールスフォースの前は、ビザでグローバル戦略アライアンスおよびグローバルIP戦略担当シニア・バイスプレジデント兼責任者としてグローバル戦略パートナーシップを主導し、それ以前はグローバル企業サービスの責任者として業務運営に携わりました。

エドワーズは、キャリアの初期にデータベース・スタートアップKnowledgeXの最高経営責任者(CEO)を務め、同社のIBMへの売却を主導し、また、オンライン債券取引・応募サービスのValubondを共同設立しました。Valubondがナイト・キャピタルに買収されるまで、同社の社長、COO、ATS(代替的取引システム)責任者を務めました。

エドワーズは現在、コルゲート・パーモリーブの取締役を務めています。また、プレイワークスおよびプレシディオYMCAの2つの非営利団体に深く関わっており、以前は理事を務めていました。エドワーズはスタンフォード大学で学士号を取得し、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しています。

ディリジェントについて

ディリジェントは現代的ガバナンスのパイオニアであり、効果的なガバナンスを競争上の利点へと転換できるようリーダーに力を与えています。業界イノベーターのチームによる比類のない洞察力と高セキュリティーの統合SaaS技術により、業界をリードするディリジェントのソリューションは、経営陣や取締役のレベルでの仕事の方法に変化をもたらしています。ディリジェントは、説明責任と透明性の推進においてリーダーから信頼され、利害関係者や株主にとっての優先事項への対応にも利用されています。当社のアプリケーションは、取締役や委員会の日々の仕事を効率化し、共同での作業の支援や確実な情報共有にも役立てられています。官民の多様な組織を念頭に活動するディリジェントは、現代的ガバナンスの新たな時代を迎え入れるためのご支援をいたします。

取締役と経営陣の世界最大のネットワークを有するディリジェントは、90カ国以上にわたる1万9000を超える組織、約70万人のリーダーから信頼を受けています。包摂性とアクセス性を考えるディリジェントは、最大規模の公的ガバナンス主体に利用され、これにはフォーチュン1000の50%以上、FTSE 100の70%以上、ASXの65%以上が含まれます。詳細情報については、www.diligent.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Nicholas Koulermos
Diligent@5wpr.com
646-843-1812

情報提供元:
記事名:「リサ・エドワーズが最高執行責任者としてディリジェント・コーポレーションに入社