- ニューノーマル時代のメディカル・コリア -

韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2009年以来、韓国は医療分野の競争力を推進し、「スマートケア、メディカル・コリア」を掲げて国内医療ブランドを確立し、韓国の医療サービスの卓越性を示してきました。


2009~2019年に世界190カ国から276万人以上が医療サービスを受けるために韓国を訪れました。また、韓国は31カ国の海外の医療専門家向けに医療研修プログラムを提供し、韓国の医療システム・資源を世界中で共有・拡大しています。

これらの取り組みは世界的に認められ、権威ある世界的な医療ツーリズム賞式典のIMTJメディカルトラベル賞で2018年と2019年に2年連続で「年間最優秀健康・医療ツーリズム目的地」に選ばれました。世界中で韓国の医療ブランドの評判を向上させたことや、医療強化への継続的取り組みが評価され、韓国は世界的に有名な経営学者のマイケル・E・ポーター氏の名を冠した「ポーター賞(CSVエクセレンス部門)」も受賞しました。

最近の世界的なCOVID-19パンデミックに対処するために、メディカル・コリアはブランドを「メディカル・コリア、あなたの生活が再び始まる場所」に刷新しました。これは、日常生活を取り戻すことの人道的価値を強調しています。このブランドの下で、メディカル・コリアは今後も継続して世界中の人々の健康・福祉実現の最前線で活動します。

韓国保健産業振興院(KHIDI)は、保健福祉部主催・KHIDI運営で2020年10月14日(11:00~17:10、GMT+9)に開催する「メディカル・コリア・ブランド宣言式典&シンポジウム」でブランド刷新を発表し、COVID-19時代の医療産業の新たな方向性を設定します。

このイベントは、国際ワクチン研究所(IVI)所長のジェローム・キム博士による基調講演で始まり、ビル&メリンダ・ゲイツ財団でデジタル・ヘルス&イノベーション担当副部長を務めるアンドリュー・トリスター博士とKTのHyung-gyoun (Harris) Byun副社長による発表が続きます。その発表は、医療サービス業界の第4次産業革命の影響に光を当てるもので、オンラインで生放送します。(https://www.medical-korea.org/eng/symposium/symposium.do

KHIDIについて

韓国保健産業振興院は政府関連機関として、公衆衛生の向上と保健産業の国際競争力強化に向けて体系的・専門的な支援を提供しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

W Medical Strategy Group
US Representative
wgroup@wmedical.org

情報提供元:
記事名:「メディカル・コリア・ブランド宣言式典&シンポジウム