SOURCEとコンサベーション・インターナショナルが提携し、国連の持続可能な開発目標(SDG 6)に即した持続可能な水の供給と健康状態の改善のために3回目の設置を実行

フィリピン・マニラ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- SOURCEグローバルPBCコンサベーション・インターナショナルは本日、フィリピンのパラワン州リサール・イラーンのビンタット・カリースの先住民へ持続可能できれいな飲料水供給のために3回目となる実りある提携を発表しました。これは、国連の持続可能な開発目標(SDG 6)を促進するプロジェクトです。



SOURCE®ハイドロパネル・アレーは太陽光のみをエネルギー源として、ビンタット・カリース小学校の生徒と教師、その家族100人のために、再生可能な飲料水を毎年4万リットル以上生成します。このプロジェクトはプラスチック製ボトル200万本以上を相殺し、コロンビアのバイア・オンディタ東ティモールのアタウロ島におけるSOURCEとコンサベーション・インターナショナルによる以前の提携2件が示すように、地元住民の健康と生活の質を著しく改善します。世界的な非営利気候テクノロジー推進団体のエレメンタル・エクセレレーターがこの取り組みを支援する助成金を出資し、マニラの米国大使館とフィリピン政府が設置の促進において重要な役割を果たしました。

SOURCE創立者で最高経営責任者(CEO)のコディー・フリーズンは、次のように述べています。「遠隔地や水供給が不可能な地域こそが、SOURCEハイドロパネルが活躍できる場所です。このパラワン州の先住民コミュニティーは今、再生可能でコスト効率の良いきれいな飲料水を手に入れて、生活を向上させることができます。安全な飲料水を確保することは、成長中の生徒たちの学習と健康な発達の基礎をなすものです。コンサベーション・インターナショナルとの提携は、非常に到達しづらい地域においても、この基本的人権を提供することに重点を置いています。」

ビンタット・カリース・コミュニティーは、一番近い大都市から車でおよそ5時間のマンタリンガハン山保護区に位置しており、フィリピンで5番目に大きな島の最も標高が高い地域にあります。この地域の水インフラは限られており、そのほとんどが重力を使って山麓のコミュニティーへ到達します。この仕組みは、標高の高い場所に住むビンタット・カリースの人々には役立ちません。これからは、ビンタット・カリース小学校の生徒とその家族は、安全で飲料に適した水を飲料水や調理用と衛生用に入手できるようになります。

地域行政官のMa. Pearl Lagrada氏は、次のように述べています。「安定したきれいな水源の不足と、それに起因する病気は、長年にわたり、この学校と地域社会の大きな問題となってきました。これからは、地域住民は水を求めて河原を掘ったり、水を入れた重い容器を家まで運んだりする必要がありません。この夏、川が干上がっても、飲料水をどこで確保するかという心配はありません。きれいな水がいつでも手に入る水源があるからです。このプロジェクトは、ビンタット・カリース・イスクラット・パラワン、およびパラワン族コミュニティー全体にとって大きな贈り物です。ビンタット・カリースは、アクセスしづらく距離も遠いにもかかわらず、このプロジェクトを実現してくださったSOURCEとコンサベーション・インターナショナルに感謝を申し上げます。」

コンサベーション・インターナショナル・フィリピンのカントリー・エグゼクティブ・ディレクターのエンリケ・ニュネズは、次のように述べています。「パラワンの高地では、先住民コミュニティーへの基本的な水道サービスは劣悪で、水が媒介する感染症がいまだに蔓延しています。きれいで健康に良い真水が簡単に手に入るようになることで、健康が増進し、以前は水汲みに時間が取られていた主に母親や十代の子供たちが、自分や家族の為になる他の活動に集中できるようになります。」

本プロジェクトは、パラワンの高地コミュニティーに対する好影響、豊かな生物多様性、世界の気候を最重要事項に据えた持続可能なソリューションを特定し実行するためのコンサベーション・インターナショナルの長きにわたるフィリピン政府との提携を補うものです。コンサベーション・インターナショナルは2016年に、パラワンのマンタリンガハン山保護景観(MMPL)の総合管理計画の策定と実行を援助し、持続可能な景観のための長期的な資金調達を確実にする国内初の保全信託基金の設立を支援しました。これに基づき、コンサベーション・インターナショナルとパートナーは、重要な生態系を保全して回復させるMMPLでの自然気候ソリューションの策定を目指しており、貧困削減のために経済成長も支援しています。MMPLは面積12万ヘクタールに及び、20万人の命を支える流域を含む生態系サービスへ55億ドル以上を提供しています。

エレメンタル・エクセレレーターの水イノベーション担当ディレクターのキム・ベイカーは、次のように述べています。「エレメンタルでは、すでに疲弊している地下水塊と地表水塊に対する代替ソリューションを創り出す方法を導いているSOURCEのような企業へ資金を提供することが、きわめて重要です。水インフラの分散化は重要なトレンドであり、集中配管を全人口に到達させるために必要な時間と資本が容易に確保できない場合や、系統接続がそもそも不可能な場合には特に重要です。このプロジェクトは、きれいな水へのアクセスを迅速にコスト効率よく世界のコミュニティーへ拡大できることを証明しています。」

パラワンでの設置の写真はSOURCEパラワン写真を、動画はSOURCEパラワン動画をご覧ください。

SOURCEグローバルPBCについて

SOURCEグローバルPBCの使命は、飲料水を制限のない資源にすることです。SOURCEハイドロパネルは太陽光と空気だけを使い、熱力学、材料科学、制御技術を組み合わせて、飲料水を生成します。SOURCEは、ほぼすべての気候の、世界のあらゆる地域に住むすべての人の手に、安全で高品質な水を生成する能力をもたらします。アリゾナ州スコッツデールに本社を置くSOURCEは、5大陸45カ国に展開しています。SOURCEは、SOURCEグローバルPBCの登録商標です。詳細については、www.source.coをご覧になるか、フェイスブックリンクトインツイッターインスタグラムでSOURCEをフォローしてください。

コンサベーション・インターナショナルについて

コンサベーション・インターナショナルは、人が生きる上で欠かすことのできない自然の恵みを保護する活動を行っています。コンサベーション・インターナショナルは、科学、提携、実地調査を通じて、気候危機に対する自然に基づいたソリューションへのイノベーションと投資を推進し、重要な生息地の保護を支援し、自然の保全に根ざした経済発展を促進しています。世界30カ国で活動しており、よりきれいで、健康的かつ持続可能な世界を作り出すために社会のあらゆる層を支援しています。コンサベーション・インターナショナルの活動については、コンサベーション・ニュースフェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブをフォローしてください。

エレメンタル・エクセレレーターについて

エレメンタル・エクセレレーターは気候変動に対するソリューションを前進させ、ソリューションを最も必要とするコミュニティーに展開しています。毎年、エレメンタル・エクセレレーターの使命に適する企業15~20社を選び、各社に最高100万ドルを資金提供し、エネルギー、モビリティー、水、農業など人々の生活に影響を与えるシステムの改善を図っています。今日までに、99社へ3600万ドル以上を提供しました。詳細情報については、elementalexcelerator.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
David Lieberson
SOURCE@FinnPartners.com

情報提供元:
記事名:「フィリピンの先住民コミュニティーが大空に注目、SOURCE®ハイドロパネル技術で太陽光と空気から再生可能な飲料水を生成