5カ月間のコンテストに世界70カ国以上から千件近いエントリーが集まり、外科グレードの保護マスクの再構想と再設計を目指す

ロサンゼルス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Xプライズは本日、賞金百万ドルの次世代マスク・チャレンジに過去最高数のチームからエントリーが集まったと発表しました。これは、15歳から24歳までの世界各地の若いイノベーターに保護フェイスマスクの再構想を呼び掛ける最新のイニシアチブです。若い参加者に参加を限定することで、Xプライズは次世代のイノベーターを刺激することを目指し、それに圧倒的な反応があったことは、世界にインパクトを与えようというZ世代の創造者の熱意を証明しています。


60日経たないうちに、Xプライズ次世代マスク・チャレンジは関心を持った参加者から992件の応募を集め、Xプライズ財団による行動の呼び掛けの中で最も大規模で最も実りあるものとなりました。候補チームは76カ国にわたり、従来の保護マスクに伴う一般的な障害の多くを克服しようとする意欲が世界的なものであることが示されました。

「私たちの理解では、マスクはフィット感、快適さ、ファッション性において劣ることがあり、ほとんどの優れたマスクは普通の人々には手に入らないか高価なものとなっています。私たちには代わりの物が必要であり、だからこそXプライズは世界の若いイノベーターに目を向け、フェイスマスクを再創造してCOVID-19感染からの防護に役立つ入手性の高い代替品を作り出すことを目指しています。私たちは上位25個の設計を採用し、量産が可能かどうかを確認します。量産が可能であると判断されれば、そのうち10個の設計を採用し、インフルエンサーのところに届けて反応を調べます」と、Xプライズの創設者で執行会長のピーター・H・ディアマンディスは述べています。

世界最大の課題に対するソリューションをクラウドソースするために世界的コンテストを利用する非営利組織のXプライズは、現在米国人3分の1が日常的にマスクを着用していないことを認識しています。一方、マスクを適切に使用することでウイルス感染を大きく減らすことができることは、証拠によって示されています。賞金100万ドルのXプライズ次世代マスク・チャレンジ・コンテストはマーク・ベニオフとジム・クレイマーがスポンサーとなり、使用の一般的障害を克服する工夫、効果、スタイルのXファクター、能力を最高の形で組み合わせたマスクを設計した若いイノベーターに大賞を贈ります。

CNBCでMad Moneyのホストを務めるジム・クレイマーは、こう語っています。「マスクが感染を止めることができることには、膨大な証拠が存在しています。マーク・ベニオフと共にXプライズ次世代マスク・チャレンジのスポンサーとなることに誇りを感じます。マスクのほとんどに抵抗する人すら身につけるかもしれないマスクを設計するように依頼をした時に、人がどれほど大きな発想を生み出すか、驚くべきものがあります。」

スポンサーのマーク・ベニオフは、こう語っています。「米国のすべての人が3週間マスクを身につけたら、わずか3週間身につけたら、コロナウイルスの感染が止まるため、感染者はいなくなります。しかし、人々はマスクを身につけたいとは思っていません。」

Xプライズの次世代マスク・チャレンジは最終審査イベントで頂点に達します。今年10月の研究所試験はパートナーの3Mとハネウェルがスポンサーとなり、優勝者は年内に発表されます。詳細情報と審査を通過したチームのリストは、こちらでご覧いただけます。

Xプライズについて

Xプライズは、第501(c)3条非営利団体であり、世界の最重要課題の解決に向けた革新的コンテストモデルの考案・実施における世界的リーダーです。現在実施中のコンテストには、賞金2000万ドルのNRG COSIAカーボンXプライズ、賞金1000万ドルの雨林Xプライズ、賞金1000万ドルのANAアバターXプライズ、賞金500万ドルのIBMワトソンAI Xプライズ、賞金500万ドルのXプライズ・ラピッド・リスキリング、Xプライズ次世代マスク・チャレンジ、賞金500万ドルのXプライズ・ラピッドCOVIDテスティングがあります。詳細情報については、xprize.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Caden Kinard
XPRIZE
949.280.0182

情報提供元:
記事名:「マーク・ベニオフとジム・クレイマーが支援するXプライズ次世代マスク・チャレンジに多数の参加者が集まる