1Eは、エンドポイント・デジタル体験指標の測定を従業員の主観的感想および体験の自動改善と組み合わせた世界初のソリューションを提供

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エンドポイント自動化のリーダー企業1Eは、市場をリードするデジタル体験管理サービスであるTachyon Experienceの新機能を発表しました。この新機能は、企業がユーザーのIT体験を真に理解できるよう支援します。

リモート・ファーストの世界の先行指標としてのSentiment

リモート・ファーストの世界では、ナレッジワーカーがエンドポイントの性能と応答性に依存する程度が高まります。ナレッジワーカーが職場につながる経路はエンドポイントがすべてです。ヴァンソンボーンの最近の調査によれば、リモートワーカーの圧倒的多数(98%)がエンドポイントの性能が重要であると感じていますが、半数以上(53%)がオフィスの外ではマシンの動作が遅いと述べています。ITにおいては歴史的に、こうした問題を特定して修正するツールが欠如していました。Tachyon Experienceは、個別のユーザーの感じ方まで、エンドポイント資産全体でのユーザーの総合的なデジタル体験に関してIT分析を提供するために構築されました。

1E創業者のスミル・カライ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ほぼすべてのナレッジワーカーはリモートで仕事をしていますが、オフィスでの作業環境に劣る体験をしています。リモート・ファーストの世界で成功する企業は、従業員がどこにいるかに関係なく、全員に第一級のデジタル体験を提供するようになるでしょう。IT部門には、デジタル体験を監視し、従業員の感想を収集し、問題が発生したら修正するツールが必要です。」

サイロ化されていたデータセットを結合するTachyon Sentiment

統合は、従来の調査手法と比べたTachyon Sentimentの差別化点です。従来、IT部門は定期的にNPS聞き取り調査を実施していましたが、使用しているアプリケーションやデバイスと連係させることはめったにありませんでした。データに対するこのサイロ化手法は、実際のデジタル体験の洞察を不透明化します。IT部門は今回初めて、ユーザーのITに対する感想や認識を、使用しているエンドポイントの実際の遠隔測定と関連付けることが可能になりました。Tachyon Experienceは、エンドユーザーの感想とエンドポイントの指標(安定性、性能、応答性)を1つの包括的なデジタル体験スコアに統合します。

1Eの製品担当VPのRob Peterscheckは、次のように述べています。「Sentimentは、Tachyon Experience製品に不可欠な拡張です。IT部門はSentimentを利用することにより、技術的な指標で判断した場合には確かな経験があるように見えていながら、実際には使用しているアプリケーションの一部や日々のエンドポイント体験で苛々する時間を過ごしているユーザーを特定できるようになります。」

1E Tachyon Experienceの新しいSentiment機能は、ユーザーのフィードバックを収集する際に、従来のアプローチとは比べ物にならないほどの柔軟性と統合性を実現します。ユーザーへの調査は、臨時に、定期的に、あるいは特定の出来事の際に(ITの変更やアップデートなど)行うことができます。Peterscheckは、次のように述べています。「大規模な変革イニシアチブや導入の際にユーザーのフィードバックをリアルタイムに収集できる能力は、これまでサービスデスクからの報告などの遅行的指標を使用していたIT運用チームにとって重要な資産になります。」

IT部門の範囲にとどまらないデジタル体験

Tachyon ExperienceへのSentimentの追加は、IT部門以外にもデジタル体験監視ツールの魅力を広げるためのマーケットシフトにおいて、非常に重要な一歩となります。1Eの最高人材責任者のニック・バートレットは、次のように述べています。「従業員のリモートワークの課題や、人事とITの関係緊密化を考えると、当社が部門間でのデータとツールセットのサイロ化をさらに解消する上でTachyon Experienceが役割を果たします。人事部は従来のツールを使用して、職場についての感想を定期的に従業員に尋ねますが、新たな世界ではラップトップそのものが職場となるため、部門間でのデータ共有は理にかなっています。」

1E Tachyon Experienceの詳細情報については、10月15日の立ち上げウェビナー(https://info.1e.com/tachyon-sentiment-launch)にご出席になるか、www.1E.comをご覧ください。

全体を通して参照している統計は、1Eの最新調査「新しいデジタル・ワークプレイス:COVID以降のユニバーサル・リモートワークにおける従業員体験」からの引用です。調査の全文はこちらでお読みになれます:www.1E.com/wfa-research

####

1Eについて

1Eは、ITが積極的に従業員体験をリアルタイム管理できる唯一のリアルタイムのリモート・エンドポイント自動化ソリューションを取り扱っています。Tachyonはすべてのリモート・エンドポイントに対する完全制御能力と可視性をITチームに与え、エンドポイントでの従業員体験を理解し改善するための詳細な分析を提供します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Amy Collins
VP Product Marketing, 1E
Amy.Collins@1e.com

情報提供元:
記事名:「従業員に耳を傾けないIT部門は2021年には成果を上げることができないと1Eが発言