最新バージョンは、エンドツーエンドのデータ管理機能と拡張インテリジェンスを備えたロジカルデータファブリックへとデータ仮想化を発展

米カリフォルニア州パロアルト--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- データ仮想化のリーダー企業であるDenodoは本日、新しいDenodo Platformバージョン8.0(英語サイト)がハイブリッドクラウドとマルチクラウドの統合を促進し、人工知能(AI)と機械学習(ML)によりデータ管理を自動化するとともに、スマートクエリアクセラレーションによりパフォーマンスを向上させたことを発表しました。Denodo Platformはインテリジェントな推奨機能、ハイパーパフォーマンスやPaaSのサポートにより、既に高度なデータ統合/管理/配信機能を備えています。これらをさらに強化するDenodo Platform 8.0は、データ仮想化をロジカルデータファブリックに発展させるものです。


フォレスター・リサーチのバイスプレジデント兼主席アナリストでThe Forrester WaveTM: Enterprise Data Fabric, Q2 2020(フォレスター・ウェーブ:エンタープライズ・データファブリック、2020年第2四半期)の著者のノエル・ユハンナ氏は、この報告書で次のように述べています。「データファブリックという注目の新興市場は、新たなユースケースをサポートするための一元化されインテリジェントで総合的なエンドツーエンドプラットフォームを提供するものです。Denodoはデータ仮想化で知られており、長い年月をかけてデータファブリックベンダーとしても発展してきました。Denodoのデータファブリックソリューションは、データ統合、データ取り込み、データ変換、データガバナンス、セキュリティーなどの主要なデータ管理コンポーネントを統合し、顧客360、リアルタイムおよびオンデマンド分析、IoT分析、セルフサービス分析などの新しいユースケースをサポートします。さらに、DenodoのAI/ML機能は、自動化機能と同様に、引き続きデータファブリックコンポーネント全体で強化されています。」

Denodo Platformは、データ仮想化を通じて、従来のデータ統合手法に匹敵するエンタープライズグレードのデータ統合/管理/配信を実現します。新バージョンのDenodo Platformは、俊敏なデータ統合と統制の取れたデータ管理を発展させ、Denodoのリーチを先進的なハイブリッド/マルチクラウドアーキテクチャーとデータサイエンスの新しいユースケースにまで拡大します。

インディアナ大学ブルーミントン校のチーフデータアーキテクト兼マネジャーであるダン・ヤング氏は、次のように述べています。「Denodo Platform 8.0は、当学の意思決定支援イニシアチブ(英語サイト)に絶対不可欠な重要機能が満載です。私たちの使命は、執行部や教員がより良い意思決定ができるよう、正確で当を得たデータをタイムリーに提供することです。Denodoプラットフォームは、当学のロジカルデータファブリックアーキテクチャーにとって重要な技術であり、学生とその登録、人事、財務に関するデータを統合し、統合情報を当学のAcademics Metrics(AM)360ダッシュボードに配信します。これによりインディアナ大学の意思決定者は、責任センターの健全性に関する傾向を成功裏に測定・比較・分析することができています。」

Denodo Platform 8.0の主要機能は下記の通りです。

  • ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの統合:Denodo Platform 8.0により、組織は運用経費を削減し、サービス型プラットフォーム(PaaS)スタイルのインフラ自動化と自動スケーリングのサポートを活用しながら、さまざまな場所でデータ統合を促進できます。
  • 機械学習とデータサイエンスの効率化:ML支援型のデータカタログは、データセットの推奨を提示し、データサイエンティストが複雑なデータモデルを構築するためのデータの発見・準備や高度な分析をサポートすることに役立ちます。また統合的なApache Zeppelin Notebookを使用することで、データサイエンティストはクエリをコード、テキスト、グラフィックスと組み合わせてナラティブを構築し、それを他のデータサイエンティストと共有できます。
  • APIとマイクロサービスの強化:ロジカルデータモデルの最上位でGraphQLの実行を新たにサポートすることで、REST APIの使用に対するノーコードアプローチが促進され、高度なマイクロサービスアーキテクチャーの採用が加速されます。
  • ハイパーパフォーマンス:Denodo Platform 8.0は、AIの力を活用した推奨機能、高度なキャッシュ、頻繁で高コストのクエリに対処するためのスマートクエリアクセラレーションにより、クエリデリゲーションを最大化し、1秒未満の応答へとパフォーマンスを高めます。
  • シングルサインオン機能を備えた統合ウェブベースUI:新しく導入されたインターフェースは、シングルサインオンをサポートすることで、すべての設計ツールとランタイムツールを統合し、迅速な設計/開発/展開/管理プロセスを促進します。
  • 拡張されたクラウド接続機能:Denodo Platform 8.0は、Databricks Delta、Azure Synapse、Google BigQuery、さらにAWS S3、Azure Data Lake Storage、Google Cloud Storageなどのクラウドデータストア用の新しいアダプターを追加し、その広範なアダプターをさらに拡張しています。

Denodoのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)を務めるアルベルト・パンは、次のように述べています。「Denodo Platform 8.0は、お客さまのエンタープライズデータ管理の長きにわたる取り組みをサポートすべく、長年にわたり革新を続けてきた成果です。当社のお客さまはそれぞれの産業分野におけるパイオニアであり、高度分析、クラウド最新化、データサイエンス、データサービスのためのエンタープライズロジカルデータファブリックとしてDenodo Platformを活用しています。当社は、PaaSスタイルのインフラ管理、機械学習データカタログ、GraphQLのサポート、スマートクエリアクセラレーション、使いやすい統合ユーザーインターフェースを備え、業界で最も先進的なデータプラットフォームを提供することで、お客さまのご要望に応えます。」

Denodoは最近、ガートナーの2020年データ統合ツールのマジック・クアドラントでリーダーに指名されました。

ツイートをお願いします:ニュース:@denodoが #DataVirtualization #DataFabric #HybridCloud #Multicloud #ML #AI #Microservices の先進機能をサポートする最新バージョンのDenodo Platform 8.0を発表。

Denodoについて

Denodoは、データ仮想化のリーダー企業であり、アジャイルな高パフォーマンスのデータ統合、データ抽象化、リアルタイム・データ・サービスを、企業、クラウド、ビッグデータ、非構造化データソースにわたって幅広く、従来的アプローチの半分の費用で提供しています。あらゆる主要産業にわたるDenodoの顧客は、アジャイルBI、ビッグデータ・アナリティクス、ウェブ、クラウド統合のための統合されたビジネス情報、一元管理アプリケーション、エンタープライズ・データ・サービスを迅速かつ容易に利用できるようにすることで、高いビジネス上の機敏さとROIを実現してきました。Denodoは、十分な資金を持つ黒字経営の非公開企業です。詳細情報については、www.denodo.com/jaをご覧いただくか、+81 3 6841 3851 / +81 3 6841 4229にお電話をお願いいたします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

問い合わせ先
小川 直樹
Denodo Technologies 株式会社
+81 3 6841 3851 / +81 3 6841 4229
nogawa@denodo.com

情報提供元:
記事名:「最新バージョンDenodo Platform 8.0では、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの統合の促進、AIとMLによるデータ管理の自動化、パフォーマンスの向上を実現