ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 女性起業家アクセラレーター1周年にあたって、この画期的なイニシアチブのリーダーたちによる声明を以下に掲載いたします。



私たちは1年前、女性起業家アクセラレーター(WEA)を通じて今後10年間で1000万人の女性起業家の教育とエンパワメントを実現することにコミットしました。女性が経済的自立を達成し、自分自身と地域社会の未来の向上に貢献することを妨げてきた障壁を打ち破るための体系的な変革に向けた基礎を、私たちは築き始めました。

今日、前例のない現実において、女性は歴史の岐路に立っています。女性はCOVID-19が引き起こした経済の壊滅的な悪化から不相応なダメージを受けながらも、同時に回復のための鍵を握っています。女性は世界の雇用の39%を占めていますが、パンデミックが始まって以降の失業者の54%が女性です。女性の方が、製造業や教育、観光業、ホスピタリティ産業、外食産業、卸売業、小売業といった、脆弱なセクターに雇用されている可能性がはるかに高くなっています。女性の会社は特に、経済的ショックの影響にさらされています。しかし、私たちが今これらの傾向と闘うために行動を起こすならば、女性の経済参加によって、2030年までに世界GDPが13兆ドル増加する可能性があります1。パンデミック後の経済発展と再建の努力の中心に女性を据えることは、全ての国に最善の利益をもたらします。

だからこそ、女性起業家が新しい世界経済の設計者となる必要があります。これは、持続可能で強靭性を持ち、全ての人々に公正な世界経済です。女性主導の企業が改革の主体となれる環境を創り出すことは、私たちが担う共同の責任です。

  • 政策枠組み:私たちは国連加盟国に対して、女性が経営する企業の数を増やし、能力を強化するための具体的な目標およびデータに基づく国レベルのターゲットを定めた国家政策枠組みの策定を求めます。女性起業家に対して資金とサービスを提供するためのCOVID-19対応策をすでに導入している国々2を称賛します。しかし女性の企業は、中小企業を支援するための各国の計画や措置の大半の対象から漏れています。
  • 金融へのアクセス:民間セクターと公共セクターが団結し、パンデミックの間とその後を通じて、女性企業への投資を増やしていく必要があります。これには、株式や債券による資金調達を通じた革新的な金融ソリューションを開発することや、COVID-19から最も深刻な打撃を受けているセクターを支援するための税制上の優遇措置の導入が含まれます。
  • 調達:政府とあらゆる規模の企業は、女性が経営する企業を仕入れ先とすることで、驚くべき経済的変化を引き起こすことができます。積極的に女性が経営する企業を探し、ターゲットを設定してモニタリングをするとともに、女性が新しい調達の機会にアクセスできるように支援をすることによって、サプライチェーンにおいて拡大しつつある女性主導の企業の割合を増やすことができます。
  • デジタル教育:女性起業家は、オンラインの世界でリーダーやクリエイターになれるように、情報、デジタル・スキル、訓練へのアクセスを必要としています。デジタル・ジェンダー・ギャップを縮め、利用しやすく柔軟な教育リソースに女性が常にアクセスできるようにするべき時が今来ています。
  • 社会的保護:女性と少女は世界中で、無報酬の育児・介護や家事労働の75%を担っており、パンデミックが始まって以降この割合は増加するばかりです。育児休暇や国が支援する保育サービス、健康保険、失業手当といった社会的保護を強化し、自営業も含め、公式・非公式部門の雇用に就く女性をカバーする必要があります。これによって地域社会全体に安定がもたらされ、起業の道を検討するという選択肢をもつ女性が増えるでしょう。
  • セクター横断的なアドボカシー:私たちの誰もが、女性の起業支援において重要な役割を果たします。公共セクター、民間セクター、市民社会組織、企業団体、学校、大学が協力し、女性起業家が活躍できるようなエコシステムを構築することができます3

もし私たちがパンデミックへの長期的な対応策において女性のニーズに重点を置かなければ、数百万人の女性が取り残され、ジェンダー平等に関する数十年間の進歩が失われるリスクがあります。ここでは、長年の障壁に取り組むと同時に全ての女性の安全と安心を確保することも必要となります。

COVID-19が及ぼすマイナスの影響によって、さまざまなバックグラウンドを持つ女性が平等に労働力に参加することを妨げてきた既存の不平等が拡大しています。戦略を策定するにあたって横断的な視点を適用し、回復に向けた取り組みにおいて、全ての女性の経済的ニーズを支援することが重要です。

女性の企業に資する世界を創ることによって、全ての人々にプラスの変化の波及効果がもたらされます。私たちの共同の対応策は、不平等と闘い、女性を中心に据えた持続可能な経済を構築するものでなくてはなりません。

女性起業家に投資することは、強さと包摂性を増した強靭な社会と共にパンデミックから立ち直るための鍵となります。私たちの未来がこれにかかっているのです。

署名者

アニタ・バティア

国連ウィメン 副事務局長

パメラ・コークハミルトン

国際貿易センター(ITC) 事務局長

アンマリー・ホウ

国連パートナーシップ事務所 事務局長代理

デボラ・ギビンズ

メアリー・ケイ 最高執行責任者

女性起業家アクセラレーターについて

女性起業家アクセラレーターは、世界中の女性起業家の鼓舞・教育・エンパワメントのために設立されたマルチパートナーのイニシアチブです。エンパワメントの4つの道である教育、資金提供、アドボカシー、参加を通じて、世界中の女性起業家に対する障害を取り除くことを使命としています。メアリー・ケイが開始した、参加資格の障壁を設けないこの世界的なイニシアチブは、国連ウィメン、国連パートナーシップ事務所(UNOP)、国際労働機関(ILO)、国際貿易センター(ITC)、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、国連開発計画(UNDP)の6つの国連機関との協議を通じて確立された戦略的な連携です。このアクセラレーターでは、2030年末までに1000万人の女性に経済的な力を授けることを目指しています。

詳しい情報は、https://www.we-accelerate.com/をご覧ください。ツイッター(We_Accelerator)、インスタグラム(@we_accelerator)、フェイスブック(@womensentrepreneurshipaccelerator)でのフォローをお願いします。

国連ウィメンについて

国連ウィメン(国連女性機関)は、ジェンダー平等と女性のエンパワメントに注力する国連機関です。女性と少女を世界的に擁護する国連ウィメンは、世界的にニーズ充足の前進を加速するために設立されました。

国連ウィメンは、国連加盟国がジェンダー平等の達成に向けて世界基準を設定することを支援し、政府や市民社会と協力しつつ、その基準が効果的に実施されて世界中の女性と少女に真に利益をもたらすために必要な法律、政策、プログラム、サービスを設計しています。当機関は、女性と少女のために持続可能な開発目標のビジョンを実現すべく世界的に活動し、4つの戦略的優先事項に焦点を当てつつ、女性が生活のあらゆる側面に平等に参加できるよう支援しています。

  1. 女性が統治システムを主導し、参加し、平等に恩恵を受けられるようにする
  2. 女性が安定した所得、満足可能な仕事、経済的自律性を持てるようにする
  3. すべての女性と少女があらゆる形態の暴力を受けずに生活できるようにする
  4. 女性と少女が持続可能な平和と強靭な社会の構築に貢献してより大きな影響力を持ち、自然災害・紛争の防止と人道活動から平等に恩恵を受けられるようにする

国連ウィメンは、ジェンダー平等の推進や、2030アジェンダに関連するすべての審議と合意に関する国連システムの活動とも調整・推進を行っています。当機関は、ジェンダー平等を持続可能な開発目標やより包摂的な世界の基本として位置付けるべく取り組んでいます。

国際貿易センターについて

国際貿易センター(ITC)は、世界貿易機関と国連との共同機関です。ITCは、貿易のための援助アジェンダや国連持続可能な開発目標の枠組みに基づき、開発途上国や経済移行国の零細・中小企業の国際市場における競争力向上を支援することによって、持続可能な経済発展に貢献しています。

ITCのSheTradesイニシアチブは、2021年までに300万の女性起業家および女性オーナー企業を国際市場につなげることを目指しています。SheTradesでは、政府、企業、ビジネス支援組織と協力し、調査の実施、貿易政策・規制を可能にする仕組み作り、資金調達の推進、公募・企業サプライチェーンへのアクセス拡大を行っています。同イニシアチブではプラットフォームwww.shetrades.comにて、女性起業家に多様な学習環境と柔軟なカリキュラムを提供しています。詳細情報については、www.intracen.orgをご覧ください。ツイッター | フェイスブック | リンクトイン | インスタグラム | フリッカーでITCをフォローしてください。

国際労働機関について

国際労働機関(ILO)は、破壊的な戦争の後、永続する普遍的な平和のためには社会正義が不可欠であるという前提に基づくビジョンを追求するために、1919年に設立された国連専門機関です。ILOの主な目的は、労働における権利を推進し、適正な雇用の機会を奨励するとともに、社会的保護を充実させ、労働に関係する問題に係る対話を強化することです。ILO独自の三者構成によって、労働者、使用者、政府が平等の発言権を持ち、社会的パートナーの視点が労働基準および政策・計画の策定に、密接に反映されることを確実にしています。

ILOの女性起業家育成プログラム(ILO-WED)は、中小企業ユニット(SME)の一部であり、10年以上にわたって運営されています。ILO-WEDは、女性の企業設立、法人化、育成の支援で積極的是正に取り組み、ジェンダー平等問題を企業育成に関するILOの活動の主流にすることで、女性の経済的機会の強化に取り組んでいます。ウェブサイト:www.ilo.org | ツイッター - @ILOWED | フェイスブック – ILO WED(International Labour Organization)

国連グローバル・コンパクトについて

国連事務総長の特別イニシアチブである国連グローバル・コンパクトは、人権、労働、環境、腐敗防止の分野の10個の普遍的原則に沿って事業と戦略を調整するための、世界中の企業に対する呼びかけです。2000年に発足した国連グローバル・コンパクトの使命は、責任ある企業慣行を通じた国連の目標と価値の推進に関して、世界のビジネス・コミュニティーへの指針提供と支援を行うことです。160カ国以上を拠点とする企業1万社以上と非企業3000団体が署名し、60を超す地元ネットワークを有するこの活動は、世界最大の企業持続可能性イニシアチブです。

詳細情報については、ソーシャルメディアで@globalcompactをフォローし、ウェブサイト(unglobalcompact.org)をご覧ください。

国連パートナーシップ事務所について

国連パートナーシップ事務所(UNOP)は、パートナーが持続可能な開発目標を達成するための機会とソリューションを結びつけ、創り出すための信頼できるプラットフォームとなることを目指しています。国連パートナーシップ事務所は人々のため、地球のために、SDGパートナーシップを通じて世界に変革をもたらすべく、世界、地域、国内のレベルで活動しています。

国連パートナーシップ事務所は、国際的パートナーシップのための国連基金、国連民主主義基金、SDGアクションハブ、事務総長のSDGアドボケーツを監督しています。詳細情報については、https://www.un.org/partnerships/をご覧ください。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、57年以上も前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を作ること、魅力的な製品を提供すること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学への投資と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品、フレグランスの製造に注力しています。当社は世界中の機関との提携により女性とその家族のエンパワメントを実現し、がん研究を重点的に支援し、家庭内虐待の被害者を保護し、私たちの社会を美化し、子供たちが夢を追求するよう奨励する取り組みを行っています。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本ずつ売るごとに、さらに輝きを増しています。詳細については、www.marykay.comをご覧ください。

1マッケンジー・グローバル・インスティテュート、「COVID-19とジェンダー平等:後退的な影響に立ち向かう」、著者:アヌ・マドガヴカル、オリヴィア・ワイト、メカラ・クリシュナン、ディーパ・マハジャン、シャヴィエル・アスクエ(2020年7月)

2カナダ、コロンビア、エジプト、グアテマラ、ジョージア、ホンジュラス、アイルランド、メキシコ、モロッコ、パラグアイ、英国を含む。さまざまな国のジェンダーに配慮したCOVID-19への政策対応は、国連ウィメンとUNDPのCOVID-19グローバル・ジェンダー・レスポンス・トラッカーに掲載されています。https://www.undp.org/content/undp/en/home/covid-19-gender-dashboard.html

3「COVID-19への対応および回復における女性起業家への支援強化」アドボカシー・ツール、p.2。参照先:https://www.empowerwomen.org/en/resources/documents/2020/09/strengthening-support-for-women-entrepreneurs-in-covid-19-response-and-recovery?lang=en

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Kay Inc.
Michael Wassmer
media@mkcorp.com
+1-972-687-5332

UN Women
Oisika Chakrabarti
oisika.chakrabarti@unwomen.org
+1-646-781-4522

International Trade Centre
Vittorio Cammarota
vcammarota@intracen.org
+41 (0)22 730-0322

情報提供元:
記事名:「女性起業家アクセラレーター1周年の声明