東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最近、次世代クラウドコンピューティングプラットフォームであるXnMatrix(ゼンマトリックス)とIPFS分散型ストレージエコシステムの発足会合が海口で開催されました。デジタル経済と金融技術の分野における専門家と学者、分散型ストレージ業界のエリート、産業投資機関、クラウドコンピューティングのエコロジカルアプリケーションの代表者が集まり、「新しいインフラとしてのコンピューティングパワー、新しいエコシステムとしてのデジタル」をめぐり、IPFS分散型ストレージとデジタル経済の現在および今後の展開について議論します。

本カンファレンスを主催するXnMatrixのWu Wenjie会長は「分散型ストレージと分散型コンピューティングはデジタル文明を支えるレイヤーであり、これにより世界全体が産業文明からデジタル文明へと移行できます」と語り、AI時代のコンピューティングパワーはエネルギーになり、ストレージは土壌になると指摘しています。コンピューティングとストレージは、社会文明の進歩を促進しています。デジタル経済の到来は、次世代クラウドコンピューティングにおける新たな課題と提案を持ちかけています。

本カンファレンスのハイライトである次世代クラウドコンピューティングプラットフォームXnMatrixをお披露目し、基盤技術のエコシステムマップを初めて発表するとともに、IPFS分散型ストレージ技術の成果も一堂に紹介します。Glacier Lab、X Lab、Oxford Institute of Digital Assets、さらにはRRMine、Drew Power、Hailian、J&M、BitmingなどのXnMatrixエコロジカルエンタープライズがすべて本カンファレンスに登場します。さらに、産業資本がIPFS産業エコロジーファンドの組成を共同で開始し、当業界に勢いを注入し、当業界のエコロジーの発展を促進します。

XnMatrixの取締役書記であるMa Siyuanは、「価値の限界から始める:分散型クラウドコンピューティング業界の4の提案」という本カンファレンスの思想についての基調講演を行いました。クラウドコンピューティング業界の4つの提案に依拠しながら、政界、産業界、学界、研究、アプリケーションの分野におけるコンセンサスを集約し、業界シス​​テムを総合的に検討して、業界にとってより価値のあるベンチマークコンセンサスを共同で起草するとともに、次世代クラウドコンピューティングプラットフォームの価値を多角的に提示します。次世代クラウドコンピューティングの価値基準の包括的な定義を確認できることでしょう。

次世代クラウドコンピューティングプラットフォームXnMatrixとIPFS分散型ストレージエコシステムのキックオフ会合は成功裏に終了し、業界に大きな影響を与え、次世代クラウドコンピューティングエコロジーの正式なスタートとなりました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ying Zhang
pr@xnmatrixs.com

情報提供元:
記事名:「XnMatrixの戦略的エコシステムが誕生し、次世代クラウドコンピューティングプラットフォームのエコシステムが始動