中国・杭州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- これまでのセキュリティー・システムは、ますます厳しくなるシナリオへの対応で課題を抱えています。ターゲット外の対象物が引き起こす多数の誤警報、事件後の確認が映像再生でしかできないこと、夜間の色彩のない映像での証拠収集の難しさ、包括性の高いシステムに必要となる追加のコストと設置の複雑さなどです。



このような問題に対応するため、ダーファ・テクノロジー(SZSE:002236)は、革新的で強力なスリー・イン・ワン・カメラ・ソリューション(TiOC)を発売します。本製品は次のような機能を備えます。

正確な警報。誤警報は常に利用者にとって頭の痛い問題です。AI利用によるペリメーター保護とSMDプラスにより、ダーファTiOCは正確な警報機能を提供します。人間と車両を98%以上の正確度で精密にターゲットし、ペットや木の葉などのターゲット外の対象物は排除され、TiOCの効率が大きく改善しています。

アクティブ抑止とリアルタイム警報。TiOCは事象発生中にアクティブ抑止とリアルタイム警報機能で対応できます。アクティブ抑止は赤色と青色の発光によって効果が高められ、目立つだけでなく、濃霧や大雨の時にも視認されます。強化型スピーカーは最大110 dBの出力に対応し、サイレン音や録音音声を流すことができます。TiOCはリアルタイム警報通知機能も備え、ユーザーが適時に対応することを可能にします。

フルカラー。証拠収集では、信頼できる情報が十分に得られることが重要です。業界をリードするフルカラー技術により、ダーファTiOCは昼夜を問わずカラー映像を提供し、不審者を特定する能力を大きく向上させています。

スリー・イン・ワン。TiOCでは24時間無休のフルカラー監視、アクティブ抑止、AIの3つの機能を1つのスマートで革新的なソリューションにまとめられ、販売店も設置会社も時間と費用を大きく節減できます。

アプリケーション・シナリオ

TiOCは、邸宅、店舗、倉庫など、秩序を維持して侵入者に警告して排除する必要がある非公開施設に適しています。TiOCは、真のターゲットを正確に特定し、効果的に警告して排除し、リアルタイムにユーザーに通知することができます。フルカラー映像は、事後の分析で人間や車両に関する有用性の高い証拠をもたらします。

TiOCは消防車線など、常に車両がない状態にしておく必要がある屋外での用途にも適しています。一度お試しいただければ分かることですが、TiOCは責任ある警備員のように効果的に働き、緊急車線を常に通行可能な状態に維持します。

ダーファのTiOCソリューションは、WizSense IPカメラ、HDCVI 6.0カメラおよびXVR、近日登場するPTZカメラで構成され、邸宅、店舗、倉庫、消防車線などの施設にご利用いただけます。ダーファ・テクノロジーは、「より安全な社会とスマートな生活の実現」を使命に掲げ、今後も「革新・品質・サービス」に注力して、世界各地のパートナーやお客さまにサービスを提供していきます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Vivid Gu,
Gu_Jun1@dahuatech.com

情報提供元:
記事名:「ダーファ・テクノロジー、スリー・イン・ワン・カメラ・ソリューション(TiOC)を発売へ