統合によりリモートITサポートを実現し、セキュリティー・ソリューションを強化

米ニュージャージー州イーストブランズウィック & 印バンガロール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスのサービスを提供する世界的大手のウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は本日、インテルvPro®プラットフォームを搭載したウィプロのデジタル・ワークプレイス・ソリューション「LIVE Workspace™」を実現するために、インテルと協力すると発表しました。この共同コラボレーションは、社会的距離の壁やその他のリモートワークの制約がニューノーマルとなる中で、従業員の生産性を維持しようとする顧客のために、リモートITサポートやソリューションを実現し、事業継続性を促進できるように支援します。


ウィプロは、インテルvPro®プラットフォームを、デバイスに遠隔管理性をもたらすデジタル・ワークプレイス・サービスのスイートであるLIVE Workspace™に統合しました。これは自宅やオフィスのユーザーまで拡大され、ファームウエアレベルの攻撃に対する保護とセキュリティーを強化できます。この統合ソリューションは、実用的な事業継続性サービスを提供し、企業が真のリモートワーク体験を迅速に設計、導入、管理できるようにします。インテルは最近、企業が次世代のビジネスコンピューティングのニーズで活用できるように構築された第10世代インテル® Core™ vPro®プロセッサーを発表しました。ウィプロは、インテル®アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル®AMT)とインテル®エンドポイント管理アシスタント(インテル®EMA)を備えるインテルvPro®プラットフォームを活用します。これによりリモートワークを実現して、シームレスな生産性と協業を促進すると同時に、従業員がどこからでも安全にセキュリティーと信頼性の高い方法で仕事をする柔軟性を提供します。

ウィプロ・リミテッドのクラウドおよびインフラサービス担当バイスプレジデントを務めるSatish Yadavalliは、次のように述べています。「この協業は、われわれの強みと、お客さまのために生み出す価値を高めるという共通の決意を裏付けています。リモートワーク向けのツールとプラットフォーム、デスクトップとアプリケーションの統合、マネージドサービスに関する両社の補完的能力を結集して、パンデミックの影響を緩和できるように支援します。ウィプロはワークプレイス管理サービスのリーダーで、インテルはクライアント・コンピューティング・ソリューションのリーダーです。両社が力を合わせることで、企業が従業員の体験と接続性を強化し、戦略的なビジネス成果を達成できるように支援できます。」

インテルのクライアント・コンピューティング・グループ担当バイスプレジデントで、ビジネス・クライアント・プラットフォーム担当ゼネラルマネジャーのステファニー・ホールフォード氏は、次のように語っています。「ウィプロとの提携は強固なもので、同社が顧客価値の向上のために傾注していることは称賛に値します。インテル®vPro®プラットフォームはビジネス向けに構築されており、ウィプロのデジタル・ワークプレイス・ソリューションは、リモートワークプレイス管理のニューノーマルに適応しようとするお客さまに最適です。私たちは、人々がどこにいても最高レベルで貢献できるように、シームレスな生産性と協業というビジョンの実現に取り組みます。」

IntelおよびIntelロゴと、その他のIntelのマークはインテル・コーポレーションもしくはその子会社の商標です。

ウィプロ・リミテッドについて

ウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は、情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスサービスの世界的大手企業です。当社は、コグニティブ・コンピューティング、ハイパー・オートメーション、ロボット工学、クラウド、アナリティクス、新興技術の力を活用し、顧客がデジタル世界に適応して成功を収めることができるよう支援しています。サービス・ポートフォリオの包括性、持続可能性への強力な取り組み、高い企業市民精神で世界的に認められた企業として、当社では、18万0000人を超える献身的な従業員が6大陸でクライアントに対応しています。協力することで、当社はアイデアを見出し、点と点を結びつけることで優れた大胆な新たな未来を構築することに取り組んでいます。

将来予想に関する記述

本リリースにおける将来予想に関する記述は、将来の出来事に関するウィプロの見解を表すものです。そうした将来の出来事の多くは、その性質上、本来的に不確定であり、ウィプロの支配が及ばないものです。そうした記述には、ウィプロの成長見通し、当社の将来の財務業績、当社の計画・期待・意図についての記述が含まれますが、これらに限定されません。本リリースにおける将来予想に関する記述には、実際の結果がそのような記述で予想されている結果と大きく異なる場合の原因になり得るリスクと不確実性が伴うことにご注意ください。そうしたリスクと不確実性には、当社の収入・収益・利益の変動、成長を創出・管理する当社の能力、提案した会社活動を完遂する当社の能力、ITサービスにおける熾烈な競争、コスト面の優位性を維持する当社の能力、インドにおける賃金の上昇、能力が特に高い専門的人材を引きつけて維持する当社の能力、固定価格・固定期間契約における時間および費用の超過、クライアントの集中、移民に関する制限、国際的運営を管理する当社の能力、当社の重点領域におけるテクノロジー需要の低下、通信ネットワークの障害、買収が行われた場合に手続きを完了して統合を成功させる当社の能力、当社サービス契約における損害賠償責任、当社が戦略的投資を行う企業の成功、政府による財政的インセンティブの終了、政治的不安定、戦争、インド以外での資金調達や企業買収に対する法的制限、当社の知的財産の不正な使用、当社の事業や業界に影響する一般的な経済環境に関するリスクおよび不確実性が含まれますが、これらに限定されません。COVID-19の世界的流行によって発生した状況により、技術支出の減少、当社製品に対する需要へのマイナスの影響、顧客の支出の速度への影響、当社の製品やサービスを購入する顧客の能力または意欲へのマイナスの影響、潜在顧客による購入決定の遅延、オンサイトコンサルティングサービスを提供する当社の能力へのマイナスの影響、顧客に対する製品やサービスの提供不能、提供の遅延が生じるおそれがあり、そうしたことすべてが当社の将来の売上、事業業績、および全般的な財務業績にマイナスの影響を及ぼすおそれがあります。また、COVID-19の世界的流行に関連して当社の支配が及ばないさまざまな外部要因によって当社の事業にマイナスの影響が及ぶ可能性があります。当社の将来の事業業績に影響を与え得るその他のリスクについては、米国証券取引委員会への当社提出物(フォーム20-Fによる年次報告書を含みますがこれに限定されません)の中で詳細に記述されています。そのような提出物は、www.sec.govで入手できます。当社は、時に、書面および口頭においてさらに将来見通しに関する言明を行うことがあり、これには、証券取引委員会への当社提出物と株主への報告書に記載されている記述が含まれます。当社は、当社または当社の代理人が随時行う可能性がある将来見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Nisha Chandrasekaran
Wipro Limited
nisha.chandrasekaran@wipro.com

情報提供元:
記事名:「ウィプロとインテルが協業して事業継続性を推進