シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 人気沸騰中のショート・ビデオ・アプリLikeeのユーザーは、さらに多くの楽曲とダンスを楽しめるようになりました。これは、世界最大の音楽サービス・プロバイダーの1つであるビリーブデジタルとのパートナーシップがLikeeによって本日発表されたことによるものです。この提携は6月28日に締結され、アプリのユーザーは数百万もの曲を揃えるライブラリーにアクセスできるようになります。


ビゴ・テクノロジーによって開発されて2017年にリリースされたLikeeは、短いモバイル動画を視聴・作成できるシンガポールの先進的なグローバル・プラットフォームです。最先端の動画撮影・編集ツールを提供し、2000種類以上の特殊効果を備えています。閲覧とやり取りをゲーム化することで、ユーザー間のつながりと会話を促進しています。

ソーシャル・メディア・アプリとしてダウンロード数第4位を獲得し、2020年1月にはセンサータワーにより世界で最も人気のあるアプリの1つとして認められたLikeeは、過去数年で市場を席巻しています。2020年第1四半期に月間アクティブ・ユーザー数が1億3100万人へと急増して前年比121.9%増となり、ライバルのTikTokを脅かしています。

ビリーブデジタルはこれまでに44カ国で事業を展開している世界有数の独立系音楽会社であり、20を超える世界のトップ・ミュージック・レーベルを所有しています。今回のパートナーシップには、米国、英国、ロシアおよびCIS諸国、インドネシア、中東、北アフリカ、エジプトなど、Likeeのコア市場が含まれます。

TikTokやLikeeなどの主要なショート・ビデオ・プラットフォームにおいて、グローバリゼーションは常にローカライズを通じて実現されます。新たに発表された今回のパートナーシップは、ローカルな顧客にグローバルなコンテンツを提供し、またその逆を行うことにより、双方にとってメリットのある状況をもたらす戦略的な動きであると考えられています。

ビゴ・テクノロジーのバイスプレジデントは次のように述べています。「ビリーブデジタルと提携できることを非常に嬉しく思っています。Likeeは『Let You Shine(あなたを輝かせる)』というミッションに取り組んでいます。より多様な音楽ライブラリーが、ユーザーの創造性を最大限に引き出すものと信じています。ショート・ビデオ・コンテンツの人気が世界中で伸び続けるにつれ、ユーザーを楽しませるだけでなく、インフルエンサーやブランド、組織を発展的なビジネス・エコシステムとして結びつけるためのプラットフォームを開発して主導できることを誇りに思っています。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Yinan Zhu
Global PR Manager at Likee
zhuyinan@bigo.sg

情報提供元:
記事名:「TikTok最大のライバルLikeeがビリーブデジタルと提携し、数百万曲を揃えるライブラリーをユーザーに提供