今回の取得で当社の産業用金属プリンターは計19台に

米フロリダ州ハリウッド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 航空・防衛・宇宙産業を支える金属付加製造(AM)大手一次メーカーのシンタビアは本日、GEアディティブからQ20+電子ビームプリンターを取得したと発表しました。新たに取得したマシンは、当社にとって3番目の電子ビームプリンターであり、産業用金属プリンター全体で19番目となります。


シンタビアのブライアン・R・ネフ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「過去数年間にわたり、当社は航空宇宙製造向けにQ20+の適格化に取り組んできましたが、今ではこの技術に依拠する航空機構造製品ラインを幾つか有しています。電子ビームプリンターは複雑なチタニウム製航空宇宙コンポーネントにとって優れた選択肢であり、この事業分野は今後も当社にとって成長していく分野です。全体的な製造環境が困難にある中でも、電子ビーム構築コンポーネントに見られる需要は非常に励まされるものです。」

新しいプリンターはフロリダ州ハリウッドにある当社の生産施設に8月初旬に設置し、2台目のArcam(アーカム) Q20+、Arcam A2X、6台のEOS M400、5台のEOS M290、3台のSLM 280、Concept Laser(コンセプト・レーザー) M2、Trumpf TruPrint(トルンプ・トゥループリント) 3000に加えます。

シンタビアについて

シンタビアは、航空・防衛・宇宙向け応用付加製造の世界的なリーダー企業です。精密後処理装置、完全装備された機械的検査機器、総合的な金属・粉体研究室に加え、高速プリンターを同じ施設内に設置しているシンタビアは、航空宇宙アプリケーション向け高品質部品のパラメーター最適化・連続製造・監査を実現しています。付加製造事業者グリーントレード協会の設立会員であるシンタビアは業界最高水準の品質基準を追求しており、Nadcap認証など複数の航空宇宙認証を取得しています。

詳細情報については、http://www.sintavia.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lindsay Lewis, +1 954.474.7800
Marketing Manager, Sintavia

 

情報提供元:
記事名:「シンタビアがGEアディティブからArcam Q20+プリンターを追加取得