ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 企業の社会的責任における国際的リーダーのメアリー・ケイは昨年、テキサス州の漁場とメキシコ湾を保護するためにザ・ネイチャー・コンサーバンシーと提携したと発表しました。本日、メアリー・ケイは、世界中の水路や在来種に影響力を拡大するためにザ・ネイチャー・コンサーバンシーとのパートナーシップを拡大したことをお知らせいたします。



メアリー・ケイのデボラ・ギビンズ最高執行責任者(COO)は、次のように述べています。「地球上の全ての生命は海から始まり、海に依存しています。水は地球上で最も貴重な資源であり、それを守るために私たちが各自の役割を果たすことが不可欠です。私たちは昨年、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーとの提携を拡大し始めたとき、地元テキサス州周辺の水路に注力しました。しかし、当社はグローバル企業であり、メキシコ湾のはるかかなたまで支援のニーズが広がっていることを知っていました。生態系と生物多様性の保全を世界で推進できることをうれしく思います。」

1951年に設立されたザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、生態学的に重要な土地と水を自然と人々のために保護するべく世界中で活動している主要な保全団体です。科学に根ざした実践活動を行っており、保全に関する最大規模で最も緊急の脅威に対する実際的な解決策を推進しています。

保全プログラムは、保護対象の海洋生物と同様に、幅広く多様性に富んでいます。テキサス州の漁場プログラム以外にも、メアリー・ケイは以下の各プログラムを通じてザ・ネイチャー・コンサーバンシーを支援していきます。

  • オーストラリア:オーストラリア北部でメアリー・ケイは先住民コミュニティーと協力し、保全活動における女性の役割を拡大していきます。具体的には、コミュニティーを基盤とした健康的な空間開発の改良、政府・非政府パートナーと共同での保全ツールの採用拡大、北部準州にある44万5000エーカーのフィッシュ・リバー・ステーションでの女性キャンプの設立などを行います。
  • ニュージーランド:ニュージーランドでは、メアリー・ケイとザ・ネイチャー・コンサーバンシーが先住民と共に持続可能な養殖業に取り組みます。例えば、オークランドのハウラキ湾で野生貝類の個体数回復を目指す回復活動の実施を支援したり、野生生物回復のための慈善支援拡大を奨励するチャレンジファンドを立ち上げたりします。
  • メキシコ:メキシコでメアリー・ケイとザ・ネイチャー・コンサーバンシーはモンテレイ水基金と提携し、流域を強化して地域の女性を支援します。これにより潅漑システムや基質研究、植物生産の多様化などの改善を目指します。
  • 中国:中国では、国内全土に暮らす数百万人にきれいな飲み水を確保するため、メアリー・ケイとザ・ネイチャー・コンサーバンシーが農村部の源流の保護に取り組みます。チームは2021年までに、浙江省、福建省、広東省ともう1つの省で、源流水生産プロジェクト5件の実証を行います。
  • 一般海洋:このパートナーシップでは、インド太平洋のマグロ漁場におけるプラスチック汚染の緩和にも取り組みます。一流のプラスチック研究者と共同で海洋汚染の最大の原因となっている漁場を特定し、影響力のあるパイロット・プログラムを実施して汚染の緩和と海の浄化を進めます。
  • ソロモン諸島:ソロモン諸島ではこのパートナーシップが、南太平洋における女性主導のエコツーリズムを通じてカメを保護します。メアリー・ケイの貢献によりアルナヴォン諸島に実際的な地元運営のエコツーリズム・ベンチャーを創設し、カメの保全を強化するとともに、絶滅危惧種の保護に最も適したコミュニティーに公平で持続可能な経済的リターンを提供します。
  • コロンビア:ボゴタ水基金を通じて、このパートナーシップはコロンビア国民数百万人の水の安全保障を改善します。
  • カナダ:カナダでは、メアリー・ケイとザ・ネイチャー・コンサーバンシーは伝統地域における現在・未来の地域指導者を支援し、先住民の管理権を強化していきます。これは将来の世代のための、先住民のコミュニティーや土地、水の健全な未来への投資です。
  • 欧州:英国とドイツでは、このパートナーシップは欧州原産のカキを導入するにあたって生物多様性と海洋資源の保護に取り組みます。スペインでは水基金を創設します。同国は現在、水不足と水質の点で幾つかの最も深刻な課題に直面しています。

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーの淡水・海洋担当ディレクターのLily Verdone氏は、次のように述べています。「私たちが釣りをしたり仕事をしたり遊んだりするためには、健全で多様性に富んだ海が必要です。けれども海を守るということは、ただ地球を守るということに留まりません。海は年間1兆5000億ドルを世界経済にもたらしています。メアリー・ケイは長年、次世代のために地球を持続させる変化に影響を与えようと活動しており、ザ・ネイチャー・コンサーバンシーにとって自然な歓迎すべきパートナーです。既にテキサスで、とても影響力の大きな変化が見られました。メアリー・ケイの貢献によって、私たちが世界中のコミュニティーでどんなことを達成できるのかを見ることが楽しみです。」

メアリー・ケイは、EarthxOceanカンファレンスの後援もしました。このライブストリーミング・イベントでは、専門家や研究者、自然保護団体が一堂に会し、外洋イニシアチブやサンゴ礁修復、海洋プラスチックの解決策、持続可能な漁業といったテーマで議論しました。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、55年以上も前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を与えること、魅力的な製品を作ること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学の研究と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品の製造に注力しています。当社は、メアリー・ケイ財団を通じて、がん研究と家庭内暴力シェルターへ7800万ドル以上の寄付を行ってきました。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本ずつ売るごとに、さらに輝きを増しています。

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーについて

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーは、あらゆる生命が依存する土地や水域の保全に取り組む世界的な自然保護団体です。科学に導かれ、私たちは自然と人々が共に繁栄できるよう、この世界で最も困難な課題について革新的で地に足の着いた解決策を生み出します。気候変動や土地・水・海洋の保全にかつてない規模で取り組み、食料と水を持続可能な形で提供し、より持続可能な都市の創造を支援しています。私たちは79カ国・地域で活動し、地域社会や政府、民間セクターその他のパートナーと連携したアプローチを採用しています。詳細はwww.nature.orgをご覧いただくか、ツイッターで@nature_pressをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Kay Inc. Corporate Communications
marykay.com/newsroom
972.687.5332 or media@mkcorp.com

情報提供元:
記事名:「メアリー・ケイがザ・ネイチャー・コンサーバンシーとの提携を拡大し、世界中の水路を保護