米コネティカット州スタンフォード--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 発送、郵便、データ、eコマース分野の商業ソリューションを提供する世界的テクノロジー企業のピツニーボウズ(NYSE:PBI)は本日、2020年9月1日付けでシェイラ・A・スタンプス氏を取締役会として選任したと発表しました。



ピツニーボウズのマーク・B・ローテンバック社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「シェイラ・スタンプス氏をピツニーボウズの取締役会に迎えることを、うれしく思います。スタンプス氏は、民間・公共の両部門でのビジネス、銀行業務、会計に関する多大な専門知識で当社に貢献します。そのキャリアを通じて、スタンプス氏は企業の変革と成長を支援する上で重要な役割を果たしてきました。当社が取締役会をさらに強化・多様化する中で、その視点を活用していきます。」

スタンプス氏をピツニーボウズ取締役に選任することで、取締役の総数は10人になります。スタンプス氏は、監査・執行報酬委員会で活動します。

シェイラ・A・スタンプス氏について

シェイラ・A・スタンプス氏は現在、アトラス・エアー・ワールドワイド・ホールディングス(監査委員長)とCITグループおよびCIT銀行の取締役を務めています。また、世界の教育機会とインターンシップを促進する非営利団体IESアブロードの理事会にも所属しています。ニューヨーク州最大の労働者補償保険提供団体のニューヨーク州保険基金の理事会でも理事長と監査委員会長を務めました。

以前は、2011~2012年に民間住宅ローン投資会社のDBIで執行副社長を務めていました。2008~2011年には、ニューヨーク州職員退職年金基金で年金投資・現金管理担当ディレクターを務め、2004~2005年には、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所のフェローを務めました。

それ以前は、バンク・オブ・アメリカ(旧フリートボストン)で金融機関担当マネジングディレクター兼関係管理責任者を務めていました。1982~2003年には、バンク・ワン(現JPモルガン)の国内・海外拠点で、マネジングディレクター兼欧州資産担保証券化責任者やEMEA戦略的運用委員会の委員など、いくつかの幹部職を経験しました。スタンプス氏はシカゴ大学で金融のMBAを取得しています。

ピツニーボウズについて

ピツニーボウズ(NYSE:PBI)は、数十億もの取引を支える商取引ソリューションを提供する世界的テクノロジー企業です。フォーチュン500社の90%を含む世界各地の顧客が、ピツニーボウズのソリューション、アナリティクス、APIがもたらす正確性と精度を頼りにしています。対応分野は、eコマースのフルフィルメントや発送・返品処理、グローバルeコマース、オフィス郵便・発送、事前仕分けサービス、資金調達です。100年にわたり、ピツニーボウズはテクノロジーの革新と提供に努め、商取引を緻密に正しく行うための煩雑さを取り除いてきました。詳細情報については、ピツニーボウズ(the Craftsmen of Commerce)のウェブサイトwww.pitneybowes.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:

Bill Hughes
Chief Communications Officer
o) 203-351-6785
m) 203-252-1153

Investor Relations:

Adam David
VP, Investor Relations
203-351-7175

情報提供元:
記事名:「ピツニーボウズ、シェイラ・A・スタンプス氏を取締役会に迎える