米イリノイ州ローリングメドーズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 認証および論理アクセス向け認証情報リーダーの大手メーカーであるrfアイデアズは本日、当社のWAVE ID® Plusデュアル周波数カードリーダー技術をリコーのスマート・オペレーション・パネル(SOP)第2.5世代に統合したと、リコーと共同で発表しました。この新しいWAVE IDリコー・ユニバーサルSOPリーダーは、リコーのプリンター複合機における安全なプルプリント・アプリケーション向けの最も革新的なリーダーです。



rfアイデアズとリコーは協業してきた実績があり、最先端の本人確認情報と認証機能を備える安全なワークプレース・ソリューションを提供してきました。rfアイデアズの世界販売・マーケティング担当シニアバイスプレジデントのトッド・ベッセは、次のように述べています。「印刷業界のリーダー企業であるリコーと世界的な提携を続けていますが、同社がA3複合機に接続できる革新的な認証情報リーダーを設計するためにrfアイデアズを選択されたことをうれしく思います。」

新しいWAVE ID認証情報リーダーは、スマート・オペレーション・パネルに数秒で取り付けられる特別設計された筐体を備えているため、外部ケーブルやアドオンが不要で、パネルの洗練された美しさを引き立てています。正規ユーザーは社員証をタップするだけで、リコーのプリンター複合機のシンプルでありながら強力なスマート・オペレーション・パネルを利用できます。

このシームレスで高度に統合されたソリューションにより、rfアイデアズはセキュアな生産性のためのシンプルな非接触アクセスという理念を追求し続けています。リーダーは、世界中で利用されているほぼすべての近接型および非接触型のスマートカードに対応しています。セキュア・アクセス・モジュール(SAM)スロットが、iCLASS® ID®/SE®/SEOS®もしくはMIFARE®セキュア・メモリーに対応しています。このリーダーは、モバイル認証情報向けのBluetooth® Low Energy技術にも対応可能です。

リコー・ヨーロッパの製品マーケティング担当バイスプレジデントのOlivier Vriesendorp氏は、次のように語っています。「rfアイデアズとの長年にわたる提携により、安全なプルプリント機能を世界中で展開してきました。そして今回、新しいWAVE IDリコー・ユニバーサルSOPリーダーにより、ユーザーは馴染みある多様なカードリーダー機能を、当社のスマート・オペレーション・パネルと同様の魅力的で使いやすい高度に統合されたフォームファクターで利用できます。」

スマート・オペレーション・パネルと統合型WAVE IDリコー・ユニバーサルSOPリーダーを搭載したリコーの複合機が、急成長を遂げるセキュアプリント市場に、業界有数の簡素性とセキュリティーを提供します。

rfアイデアズについて

rfアイデアズは、ヘルスケア/製造/政府機関/企業向けの論理アクセス・ソリューションにおけるリーダー企業です。IDアクセス管理の大手プロバイダーとの強固な提携によって支えられ、rfアイデアズ製リーダーは、シングルサインオン、セキュリティーが確保された印刷、出席管理、認証を必要とするその他アプリケーションのための革新的ソリューションを実現します。rfアイデアズ製リーダーは増え続ける一連のモバイル認証情報を含め、世界中のほぼすべての認証情報に対応しています。詳細については、www.rfIDEAS.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Flynn
E: Marketing@rfIDEAS.com

情報提供元:
記事名:「rfアイデアズとリコーがプリンター複合機への安全なアクセスを簡素化