CHICAGO--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- RMBキャピタル(以下「RMB」といいます。)は、西川ゴム工業株式会社(コード番号5161、東証第二部、以下「西川ゴム」といいます。)発行済株式総数の約2%を保有する長期株主です。


RMBは、本年6月25日に西川ゴムにおいて開催された第71回定時株主総会(以下「本総会」といいます。)において、第6号議案として自己株式取得(88千株・1億円上限)を上程しました。一般株主の持ち分が限られる中、同提案は本総会出席株主の10.52%の支持を得ました。また、RMBが反対していた第5号議案(買収防衛策継続の件)についても、10.89%の出席株主が反対しました。

RMBは、西川ゴムの企業価値向上のため、引き続き経営陣と対話を行う予定です。


Contacts

本件に関するお問い合わせ先
RMBキャピタル
細水政和
japan@rmbcap.com

情報提供元:
記事名:「RMBキャピタル:西川ゴム工業に対する株主提案(自社株取得)の結果について