経済学者で国連SDSNプレジデントのジェフリー・サックス氏と、ナショナルジオグラフィック協会の最高教育責任者のビッキー・フィリップス博士が、地理空間技術の世界的なエンゲージメントと教育の未来について議論

米カリフォルニア州レッドランズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ロケーション・インテリジェンスの世界的リーダー企業のEsriは本日、第40回年次Esri ユーザー会が、GIS専門家のための仮想集会として最大規模になると発表しました。通常は、カリフォルニア州サンディエゴで開催されますが、このカンファレンスは2020年7月13〜16日に完全なバーチャル形式で行います。Esri ユーザー会には、地球上で最も強力なマッピング・分析プラットフォームを使用して、自組織や世界中の課題を解決しようとしている技術革新者、経営幹部、教育者、科学者、GISユーザーが集います。


今年のカンファレンステーマの「GISが相互接続する世界」は、地理空間技術があらゆるものを統合し、すべての人を巻き込んで、前例のない世界的課題を克服することができる方法について探ります。Esriの創業者で社長のジャック・デンジャモンドがカンファレンスを開幕しますが、今年は3日間にわたって全体会議を行います。デンジャモンドは開幕に当たり、世界の神経システムであるGISが現在はかつてないほど相互接続されている状況について、見解を表明します。

「今年前半に起こった世界的なCOVID-19の流行を通じて、私たちは世界のシステムがまさに相互接続されている様を目の当たりにしました。GISは、個人間、そして国・州・地方自治体、民間企業、社会全体をまたがり、世界のシステムを結びつけ、私たちが前進する上で重要な役割を果たしています。当社のユーザーは、誰もがそのコミュニティーのためによりよい成果を生み出せるインテリジェントな神経システムを通じて、これを促進しています。ユーザーはGISを使って、この世界的流行病に対応し、組織やコミュニティーを改善して、より持続可能な世界を築いています。」

カンファレンスの参加者は、世界中のソートリーダーから話を聞くことができます。ナショナルジオグラフィック協会のエグゼクティブバイスプレジデントで最高教育責任者のビッキー・フィリップス博士が、全体会議でデンジャモンドに加わります。2人は地理学と空間思考が、次世代の学際的教育において不可欠の役割を果たす多くの方法について議論します。参加者は、Esriとナショナルジオグラフィック協会が空間ソリューションの探求者を育成するために連携している状況について、知ることができます。

全体会議を締めくくるのは、世界的に著名な経済学者、教授、著者であり、国連(UN)の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)のプレジデンントを務めるジェフリー・サックス氏です。サックス氏は、国連の世界的な「持続可能な開発目標」に向けた前進を、タイムリーなデータで促進できる方法について、展望を共有します。また同氏は、新しいオープンアクセス・データ・プラットフォーム「SDGs Today」(Esriとナショナルジオグラフィック協会が提携して開発)のリリースと、地理空間科学が情報とより深く結び付いた取り組みを刺激して、より持続可能な未来のために社会を相互接続できる方法について取り上げます。

Esri ユーザー会は、GISの専門家が技術ワークショップ、ユーザー発表、デモセッションなど、500以上のアクティビティーに参加できる機会を提供します。この仮想カンファレンスには、170カ国と米国の全50州から、組織や個人が参加する見通しです。

参加者は、人脈作り、協業、Esri専門家とのリアルタイム交流の機会が得られます。ユーザー発表と、長年にわたり人気のマップ・ギャラリーをデジタル形式で実施します。カンファレンス終了後は、録画したセッションやデモのライブラリーを、継続的なリソースとして利用できるようにします。

2020年Esri ユーザー会は無料で参加でき、世界中の誰もが視聴できるように、全体会議をライブストリーミングで配信します。詳細情報と仮想 Esri ユーザー会への登録については、esri.com/ucをご覧ください。

Esriについて

地理情報システム(GIS)ソフトウエア、ロケーション・インテリジェンス、マッピングの世界的市場リーダーのEsriは、入手可能な最も強力な地理空間クラウドを提供し、顧客がデータの潜在力すべてを活用して業績や事業成果を改善する手助けをしています。1969年に設立されたEsriのソフトウエアは、フォーチュン100企業の90社、50州すべての政府機関、大小すべての郡の半数以上、フォーブス米大学トップ100校のうち87校、米国政府の15省すべてや数十の独立機関など、35万を超える組織に導入されています。地理空間情報技術に対する先駆的取り組みにより、Esriのエンジニアはデジタル変革、モノのインターネット(IoT)、高度アナリティクスに対する最も高度なソリューションを構築しています。当社サイトのesri.comをご覧ください。

Copyright © 2020 Esri. All rights reserved. Esri、Esriの地球ロゴ、The Science of Where、esri.com、@esri.comは、米国、欧州共同体、その他の一定の司法管轄におけるEsriの商標、サービスマーク、登録商標です。本リリースで言及した他の企業・製品・サービスは、各所有者の商標、サービスマーク、登録商標である場合があります。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:
https://www.businesswire.com/news/home/20200707005512/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jo Ann Pruchniewski
Public Relations, Esri
Mobile: 301-693-2643
Email: jpruchniewski@esri.com

情報提供元:
記事名:「仮想Esri ユーザー会でGISが世界を相互接続する方法を探る