米コネティカット州グリニッジ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(Nasdaq:IBKR)の取締役会は本日、2020年7月1日付けで、ニコール・ユエン氏を当社の独立取締役に任命すると発表しました。


インタラクティブ・ブローカーズ・グループのトーマス・ピーターフィー取締役会長は、次のように述べています。「ユエン氏は、アジアでのトップランクの証券事業の構築と運営に深い専門知識を有し、中国の資本市場を国際化した先駆的な取り組みで知られています。アジアは当社にとって重要な成長市場であるため、ユエン氏のような知識と経験を有する人材を取締役に迎えることはとりわけ幸運です。」

20年以上の経験を有するベテラン投資銀行家であるユエン氏は、直近ではクレディ・スイスで北アジア担当マネジングディレクター兼エクイティ責任者、およびグレーターチャイナ担当副会長を務めました。6年間の在職中は、中国本土でクレディ・スイスの仲介業務の構築を主導し、同銀行の北アジアでのエクイティ業務を監督しました。

ユエン氏は、クレディ・スイスに入社する前はUBSに18年間勤務し、香港でのエクイティ事業を監督し、この事業の中国本土への拡大を主導しました。ユエン氏はキャリアの早期には中国証券監督管理委員会上場委員会の委員を務め、米国、英国、香港で弁護士として活躍しました。パートナーとしてクリフォード・チャンスに勤務し、クリアリー・ゴットリーブ・スティーン アンド ハミルトンにも勤務しました。

投資銀行および株式資本市場でのキャリアの中で、ユエン氏は、グレーターチャイナにおいて注目度の高い資本市場資金調達取引を主導しました。これには、最初期のH株、レッドチップ株、B株の上場、ならびに香港における代表的な公企業の民営化が含まれます。

ユエン氏は公的な職務にも就いています。とりわけ、香港証券先物委員会のプロセス審査パネルのメンバー、香港政府統計局の諮問委員会の委員、および香港汚職対策独立委員会の業務審査委員会の委員を務めています。香港大学およびハーバード大学ロースクールを卒業しています。

インタラクティブ・ブローカーズ・グループについて

インタラクティブ・ブローカーズ・グループとその子会社は、証券、コモディティー、外国為替の自動化された取引執行と保管を、単一のIBKR統合投資口座から、数多くの国と通貨の135以上の市場で24時間体制で提供しています。当社は、個人投資家、ヘッジファンド、私設取引グループ、金融アドバイザー、紹介ブローカーにサービスを提供しています。当社は40年にわたり技術と自動化に重点を置いてきました。そのため、投資ポートフォリオを管理する独自の高機能なプラットフォームをクライアントに提供することができます。当社はお客さまに有利な執行価格と取引、リスクおよびポートフォリオ管理ツール、リサーチ機能と投資商品をすべて低価格か無料で提供し、お客さまが優れた投資利益率を達成できるよう努めています。バロンズは、2020年2月24日のベスト・オンライン・ブローカー・レビューにおいて、5つ星の最高評価によってインタラクティブ・ブローカーズを第一位にランクしました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Interactive Brokers Group, Inc.
Investors: Nancy Stuebe, 203-618-4070
Media: Kalen Holliday, 203-618-4069 or media@ibkr.com

情報提供元:
記事名:「インタラクティブ・ブローカーズがニコール・ユエン氏を取締役に任命