オートグリッドとの提携により、グリッド・サービス収益を利用して住宅所有者に太陽光・蓄電製品を安価に提供するサンランの能力が拡大

米カリフォルニア州レッドウッドシティ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エネルギー業界向け柔軟性管理ソフトウェアのリーダー企業オートグリッドは本日、サンラン(Nasdaq:RUN)との提携を発表しました。AutoGrid Flex™仮想発電所(VPP)ソフトウェアを提供し、全米で拡大しているサンランの住宅用バッテリー・フリートの管理を支援します。


発表された提携に基づき、サンランはAutoGrid Flexプラットフォームの機能を使用してBrightbox再充電可能太陽光バッテリーのフリート管理を改善し、新たな革新的グリッド・サービスとエネルギー管理のソリューションを提供します。このクラウド・ベースのプラットフォームでは、サンランが蓄電フリートの最適化と配備で電力会社やその他の発電事業者と協力して顧客と送電網の両方に最大の経済的メリットをもたらす能力が高まります。

屋上ソーラーとバッテリーは、世帯が不確実性を切り抜ける助けとなっています。オートグリッドの力により、家庭のソーラーおよびバッテリー資源のフリートの全体を電力会社に供給する当社の能力が高まり、電力網をさらにクリーンで抵抗力の高いものにしつつ、あらゆるエネルギー消費者のためにコストを引き下げることが可能になります」と、サンランの最高経営責任者(CEO)で共同創立者のLynn Jurichは述べています。

サンランは、屋上ソーラーと住宅バッテリーを使用して電力会社やその他のエネルギー事業者にグリッド・サービスを提供し、よりクリーンで抵抗力のある地域電力システムへの移行で最先端を歩んでいます。5月にサンランは、同社がグリッド・サービスの計画あるいは予定額で5000万ドルの収益を維持していて、ニューイングランド、カリフォルニア、ハワイで新たなプロジェクトがあると発表しました。

このようなグリッド・サービス収益は顧客がエネルギー貯蔵システムのコストを引き下げる一助となるだけでなく、高価なインフラの更新を回避・先送りしたり極めて高価なピーク電力を購入する必要性を減らしたりすることで電力網運営の総合的コストを引き下げることにも貢献します。これは、このようなプログラムに直接参加していない人々も含めて、すべての電力消費者への利益となり、化石燃料発電所の利用を大きく減らすことになります。

5000MWを超える契約資産と分散エネルギー資源(DER)管理の経験を12カ国で持つオートグリッドは、世界的に柔軟性管理ソリューションを提供するリーダー企業です。AutoGrid Flexは、業界をリードするリサーチおよび分析会社Guidehouse(元Navigant Research)によって2020年に公表された世界的ランキングで、世界第1位の仮想発電所プラットフォームに位置づけられています。

「COVID-19がもたらしたロックダウンから経済が正常化するにつれ、私たちは持続可能なエネルギーに対する社会的需要が高まっていることを確認しています。同時に、この需要に対応するエネルギー企業の運営効率と競争力を改善するクラウド・ベースのデジタル・ソリューションにも大きな需要があります。当社は、この業界における真の先駆的企業であるサンランと提携できることを栄誉に感じます。これから、世界各地で新しいエネルギーに対するアクセスを加速させるという共通のミッションに向けて協力していきます」と、オートグリッドの創立者で最高経営責任者(CEO)のAmit Narayanは語っています。

サンランについて:

サンラン(Nasdaq:RUN)は、住宅用ソーラー、バッテリー・ストレージ、エネルギー・サービスにおける国内トップのリーダー企業です。2007年に設立されたサンランは、先行費用ゼロか少額の費用で誰もが現地のクリーンなエネルギーを利用できるようにする住宅ソーラー・サービス・プランを先駆的に開始しました。サンランの革新的な住宅バッテリー・ソリューションのBrightboxは、家庭に手頃な費用で抵抗力のある信頼できるエネルギーをもたらします。当社は、バッテリーに蓄積された太陽光エネルギーの管理と共有も行い、家庭、電力会社、送電網にメリットをもたらしつつ、環境を汚染するエネルギー源への依存を減らしています。詳細情報については、www.sunrun.comをご覧ください。

オートグリッドについて:

オートグリッドは、スマートな分散エネルギーの世界を可能にするエンタープライズ・ソフトウェアを構築しています。当社の柔軟性管理アプリケーションのスイートでは、電力会社、電力小売会社、再生可能エネルギー・プロジェクト・デベロッパー、エネルギー・サービス会社がリアルタイムに大規模に多様なバリュー・ストリームを通じて分散型再生エネルギー源(DER)を管理することでクリーンで安価で抵抗力のあるエネルギーを提供できるようになります。オートグリッドは、5000メガワットを超えるDERを契約し、シュナイダーエレクトリック、CLP、シェル、CPSエナジー、エナリス、トタルを含む世界各地の50社を超える主要エネルギー企業と協力しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Leo Traub
Antenna Group for AutoGrid
Email: autogrid@antennagroup.com

情報提供元:
記事名:「オートグリッドの柔軟性プラットフォームがサンランの拡大するグリッド・サービス向け住宅用バッテリー・フリートの管理を支援