米テキサス州リチャードソン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 業界有数のエンドツーエンド・クラウドネイティブ・ネットワーク・ソフトウエアを提供する企業のマベニアは本日、ドイツテレコムのクラウドネットワークインフラにて当社のコンテナ化5Gコアソリューションのラボ試験を実施するために協業し、成功させたと発表しました。


マベニアの5Gコアは最先端のウェブスケール技術とクラウドネイティブ原理を使用するものであり、4G/5Gコンボコア機能をサポートします。

3GPP 5G機能に加え、今回の協業では自動化、オンボーディング、クラウドネイティブ原理、CI/CDに加え、非機能的な分野として回復力、耐故障性、障害時性能(負荷試験とストレス試験)を専ら検討しました。

さらに、マベニアとドイツテレコムは協力して、4Gマイクロサービスにおけるコンボノードの検証を行ない、次世代のウェブスケールコアにて5Gと4Gの間でのシームレスな引き継ぎが可能であることを確認しました。

マベニアの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるパーディープ・コーリは、次のように述べています。「5Gへの移行は当業界にとってのパラダイムシフトです。5Gの使用例と5Gの規模、必要な自動化機能を支えるため、マベニアはクラウドネイティブのマイクロサービスベースの4G-5Gコンボコアを開発しました。ウェブスケール技術を使用することで、事業者は同じソリューションで新規の5G加入者と既存の4G加入者をサポートすることができます。」

マベニアについて:

マベニアは業界で唯一、4Gと5G向けに、エンドツーエンドのクラウドネイティブなネットワーク・ソフトウエアとソリューション/システムインテグレーションサービスを提供する企業であり、通信サービスプロバイダー(CSP)のソフトウエア・ネットワーク変革の推進に傾注しています。マベニアは、ネットワーク・インフラ・スタックの全レイヤーを対象に包括的なエンドツーエンドの製品ポートフォリオを提供しています。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコア、RANまで、マベニアは進化したクラウドネイティブ・ネットワーキング・ソリューションによって、エンドユーザーにとって革新的でセキュアな体験を実現するための道を開きます。IMS(VoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS))、プライベート・ネットワークやvEPC、5Gコア、OpenRAN vRANにおけるイノベーションを活用しながら、140カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

マベニアは俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニアは経費削減・収益確保・収益保護の支援をCSPに提供します。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Maryvonne Tubb
Mavenir PR

NA-Loren Guertin
MatterNow

EMEA-Kevin Taylor
GlobalResultsPR

情報提供元:
記事名:「ドイツテレコムとマベニアが5Gスタンドアロン(SA)コア向けウェブスケール技術の検証で協業