リアルタイムレーシング統計6種の初回分を7月3~5日のFORMULA 1 ROLEX GROSSER PREIS VON ÖSTERREICHでお披露目、ファンがドライバー、レースチーム、車両の総合パフォーマンス情報により、トラック上での活動をより深く把握

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日、Amazon.com(NASDAQ: AMZN)傘下のアマゾン ウェブ サービス(AWS)とフォーミュラワン(F1)(NASDAQ: FWONA、FWONK)は、新たなリアルタイムレーシング統計6種を発表し、2020年シーズンから本格展開します。オーストリアのシュピールベルクで7月3~5日に実施されるシーズン開幕戦グランプリで、まず「カー・パフォーマンス・スコア」を投入します。「カー・パフォーマンス・スコア」は個々の車両のパフォーマンス情報を抜き取り、レースファンがそのパフォーマンスを種々の車両と1対1で比較できるようにするものです。今シーズンから新たにリリースする統計セットは機械学習など一連のAWSサービスを使用して、ファンがお気に入りのドライバーやレースカーを比較して、レース結果の予測を改善できるようにします。詳細情報についてはhttps://aws.amazon.com/f1/をご覧ください。



各F1レースカーに取り付けた300個のセンサーは毎秒1.1M以上のデータポイントを生み出して、車両からピットに伝送することで、フォーミュラワンは真にデータを駆使したスポーツとなり、パフォーマンス統計のエキサイティングな詳細を元に、多くの感動を生み出すことができます。F1は幅広く奥深いAWSサービス、すなわちそうした膨大なデータをリアルタイムでストリーミング、処理、分析してから、それを意味ある仕方で世界のF1 TV視聴者に伝えるサービスに依拠しています。新たな「カー・パフォーマンス・スコア」インサイトは画面表示の画像(オンスクリーングラフィック)として現われ、ファンが4つの中核指標、すなわち低速コーナリング、高速コーナリング、ストレートライン、カーハンドリングを使用して、レースカーの全パフォーマンスを完全に分析できるようにします。この新画像は、これらの指標が車両ごとに比較して具体的に示し、レースファンがこれらの項目における特定カーの相対パフォーマンスを評価して、各チームや各ドライバーがどの項目で群を抜いているか、どこでライバルに重大局面で劣っているかを把握できるようにします。

F1とAWSは先に、6種のF1インサイト(出口スピード、ピットストップ戦略の予測、ピットウインドウ、バトル予測、ピット戦略バトル、タイヤパフォーマンス)を発表しており、今シーズンの7月から12月にかけて、下記の通り、新たに6種の「F1 Insights powered by AWS」統計をオンスクリーングラフィックとして展開し、ファンがコンマ何秒の意思決定とトラック上のアクション、さらにはチームの戦略担当者が指揮するピットウオール裏をより把握できるようにします。

  • カー・パフォーマンス・スコア:個々の車両のパフォーマンス情報を抜き取り、レースファンがそのパフォーマンスを種々の車両と1対1で比較できるようにする(7月3~5日にFORMULA 1 ROLEX GROSSER PREIS VON ÖSTERREICH GRAND PRIX 2020で初投入)。
  • 究極のドライバースピード比較:レースファンがお気に入りのドライバーを1983年まで遡って歴代の他のドライバーと比較して、全時代における最速ドライバーの決定ができるようにする(8月7~9日にEMIRATES FORMULA 1 70th ANNIVERSARY GRAND PRIX 2020で初投入)。
  • 高速・低速コーナーパフォーマンス:ファンが、ラップタイムにとって極めて重要な175 kph/109 mph以上の最速でトラック上のコーナリングとドライバーが格闘している様子、また低速コーナリング(125 kph/78 mph)の様子を、他のレースカーと比較しながら確認可能(8月28~30日にFORMULA 1 ROLEX BELGIAN GRAND PRIXで初投入)。
  • ドライバー・スキル・レーティング:パフォーマンス全体にとって最重要の項目を基にドライバースキルを分析・評価して、トラック上で最高の「トータルドライバー」の決定に役立てる(シーズン後半に初投入)。
  • レースカー/チーム開発&シーズン総合パフォーマンス:シーズンの展開とともに、レースごとのチームパフォーマンスを累積して、各チームの発展スピードを公開(シーズン後半に初投入)。
  • 予選&レースペース予測:練習と予選のラップタイムデータを収集して、どのチームが各レースセッションの成功に向けた位置にあるのかを予測。これらの予測により、土曜の予選と日曜の本戦に向けて大いに興味と興奮をかき立てる(シーズン後半に初投入)。

これらのインサイトを生み出すために、フォーミュラワンはアマゾン シンプルス トレージ サービス(アマゾンS3)に保存されている過去70年のレースデータを使用し、F1レースカーとトラックサイドのセンサーから生み出されるライブデータと共に、データの収集・処理・分析をリアルタイムで行なうサービスであるアマゾン キネシスを通じてクラウド配信します。F1のエンジニアと科学者はこのデータを使用して、機械学習(ML)モデルの構築・トレーニング・導入を行なうAWSのサービスであるアマゾン セージメーカーによるMLモデルを活用します。F1はこれらのMLモデルをAWSラムダ(サーバーの設定・管理なしにコードを実行)に導入することでリアルタイムでレースパフォーマンス指標を分析できます。これらインサイトはすべてデジタルプラットフォームのF1.tvを含め、世界中のF1レースを伝える国際放送に組み込まれ、ファンがドライバーやチーム戦略担当者によるコンマ何秒かの意思決定とレース戦略を理解する際に役立ててもらいます。これらの意思決定とレース戦略は、レースの結果に劇的な影響を及ぼし得るものです。

フォーミュラワンの主任エンジニアを務めるロブ・スメドレーは、次のように述べています。「フォーミュラワンは過去2年間にわたり、AWSのサービスを取り入れて、集中的で動的なデータ分析を行なってきました。私たちが共同で提供するF1インサイトにより、ファンの皆さんは以前にも増してトラックに近づき、これまで語られてこなかったピットウオール裏からのストーリーやインサイトを表に出します。私たちはこの成功してきた関係を拡大して、より多くのインサイトを実現し、ドライバーやレーシングチームが協力して成功に影響を与えるために取る多くの手法について、ファンの皆さまに深く切り込んでいただけることに感激しています。」

AWSのワールドワイドコマーシャルセールス担当バイスプレジデントを務めるマイク・クレイビルは、次のように述べています。「フォーミュラワンレースは物理的なパフォーマンスと人的なパフォーマンスを融合して、強力でありながら複雑なデータを生み出しており、AWSはF1がそれらを活用できるよう支えているところです。当社とF1とのこれまでの関係により、既にファンの皆さまをレースパドックに引き込む統計情報を生み出しており、また当社によるレースカーの空気力学研究は2022年シーズンに向けての車両デザインに影響を与えています。私たちは今年、クラウドのF1データの力を拡大し、ファンの皆さまがF1の豊かな複雑性についてさらに理解していただくことに役立つ新たなインサイトを世に送り出すことができ、非常にうれしく思います。」

2020 F1インサイトの皮切りとなるカー・パフォーマンス・スコアの詳細については、こちらをクリックしてください。AWSとそのフォーミュラワンへの関与に関する詳細情報については、https://aws.amazon.com/f1/をご覧ください。AWSがフォーミュラワンによる次世代レースカー開発を支えている状況に関する追加ニュースについては、https://aws.amazon.com/f1/news/をご覧ください。

アマゾン ウェブ サービスについて

14年にわたり、アマゾン ウェブ サービスは世界で最も包括的で広く導入されているクラウド・プラットフォームとなってきました。AWSは、演算、保存、データベース、ネットワーキング、アナリティクス、ロボット工学、機械学習、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティー、ハイブリッド、仮想現実と拡張現実(VR、AR)、メディAWSプリケーション開発、導入、管理のための175個を超えるフル機能のサービスを24個の地域にある76個のアベイラビリティーゾーン(AZ)から提供しています。また、インドネシア、日本、スペインでさらに9個のアベイラビリティーゾーンと3個のAWSリージョンの計画が発表されています。最も急成長している新興企業、大企業、主要政府機関を含む数百万のお客さまが、AWSを信頼してインフラストラクチャーを強化し、即応性を高め、コストを引き下げています。AWSの詳細については、aws.amazon.comをご覧ください。

アマゾンについて

アマゾンは、4つの指針として、競争よりも顧客に目を向けること、発明に情熱を傾けること、優れたオペレーションに注力すること、長期的に思考することを拠り所としています。利用者レビュー、ワンクリック・ショッピング、個人に合わせたお勧め、プライム、アマゾン・フルフィルメント、AWS、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaは、アマゾンが先駆的に開始した商品・サービスの例です。詳細情報については、amazon.com/aboutをご覧いただき、@AmazonNewsをフォローしてください。

フォーミュラワンについて

1950年に開始されたフォーミュラワン(Formula 1®)レースは、世界で最も著名なモーターレース競技であり、また世界で最も人気のある年次スポーツシリーズとなっています。2020 FIAフォーミュラワン世界選手権(FIA Formula One World Championship™)は3月から11月にかけて実施され、5大陸22カ国で22レースが行なわれます。フォーミュラワン・ワールド・チャンピオンシップ・リミテッドはフォーミュラワンの一部であり、FIAフォーミュラワン世界選手権の独占的商業権を保有しています。フォーミュラワンはリバティ・メディア・コーポレーション(NASDAQ: LSXMA、LSXMB、LSXMK、BATRA、BATRK、FWONA、FWONK)子会社であり、フォーミュラワン・グループ子会社連動株式に帰属します。F1のロゴ、F1 FORMULA 1のロゴ、FORMULA 1、F1、FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP、GRAND PRIX、PADDOCK CLUB、関連マークは、フォーミュラワン傘下のフォーミュラワン・ライセンシングの商標です。All rights reserved.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Amazon.com, Inc.
Media Hotline
Amazon-pr@amazon.com
www.amazon.com/pr

情報提供元:
記事名:「AWSとフォーミュラワンが2020年シーズン向けに新たなレーシングパフォーマンス統計を発表