米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- エンタープライズネットワークセキュリティーおよびリスク管理ソリューション大手のヒルストーン・ネットワークスは、サーバー侵害検出システム(sBDS)ソリューションの関連でヒルストーン・ネットワークスがネットワーク検出・対応のマーケット・ガイドに含まれたことを発表させていただきます。

この報告書は市場全体を詳細に検討し、セキュリティーおよびリスク管理の世界的リーダー企業の検討対象となるネットワーク検出・対応(以前はネットワークトラフィック分析と呼ばれていたもの)のベンダーを分析しています。

ガートナーのアナリストのLawrence Orans氏、Jeremy D'Hoinne氏、Josh Chessman氏は、このように述べています。「企業は、署名ベースのツールやネットワークサンドボックスを補完するNDRソリューションを強力に検討すべきです。多くのガートナーのクライアントは、ほかのペリメーターセキュリティーのツールが検出できなかった疑わしいネットワークトラフィックがNDRツールによって検出されたと報告しています。」

ヒルストーンのサーバー侵害検出システム(sBDS)には複数の脅威検出技術が導入され、これには、従来型の署名ベースの技術も大規模な脅威インテリジェンスデータモデリングやユーザー行動分析モデリングも含まれ、未知脅威攻撃の検出、高価値で必須のサーバーの保護、その秘密情報の漏洩・盗難の防止に最適なソリューションが提供されます。

「ヒルストーンのsBDSには従来型の検出技術に加えてAI利用の分析エンジンも搭載され、イントラネットのセキュリティー脅威を効果的に検出することができ、他のヒルストーン製品と組み合わせて脅威対応を達成することができます。これにより、当社のお客さまのセキュリティーチームは脅威を迅速に確認、理解して制止行動を起こすことができます」と、ヒルストーン・ネットワークスのCTOで共同創業者のティム・リューは述べています。

*Gartner, Market Guide for Network Detection and Response, Lawrence Orans, Jeremy D'Hoinne, Josh Chessman, June 11, 2020

ガートナー免責事項について

ガートナーは、調査報告書に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、最高評価やその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナーの調査報告書は、ガートナーの調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーはこの調査に関して、商品性や特定目的への適合性についての保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行うものではありません。

ヒルストーン・ネットワークスについて

ヒルストーン・ネットワークスのエンタープライズネットワークセキュリティーおよびリスクマネジメントのソリューションは、企業がサイバー脅威を包括的に把握し、徹底的に理解するとともに、迅速に対処できるようにするための可視性、インテリジェンス、保護を実現します。有力アナリストに評価され、世界的企業に信頼されているヒルストーンのソリューションは、総所有コストを改善しながら、エッジからクラウドまでの企業ニーズをカバーします。詳細については、www.hillstonenet.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Zeyao Hu
Marketing Manager
inquiry@hillstonenet.com

情報提供元:
記事名:「ヒルストーン・ネットワークス、sBDSソリューションがガートナーのネットワーク検出・対応の2020年マーケット・ガイドで認められる