消毒用ロボットがコロナウイルスや院内感染に対する効果的な武器として使用される中で、一貫した世界的成長を経験

デンマーク・オーデンセ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ブルー・オーシャン・ロボティクスは、そのUVDロボッツが評価されて、ロボティクス・ビジネス・レビューの「世界で最も影響力のあるロボティクス企業50社」(RBR50)のリストに選定されたと発表しました。この評価を獲得した理由は、UVDロボットを使用しての業務、その技術の健康上のメリット、その消毒機能に対する継続的な需要増です。



UVDロボッツは、深い微生物学的ノウハウ、自律ロボット技術、紫外線を組み合わせて、世界最高のUV-Cベースの消毒ソリューションを生み出します。それは、室内で10〜15分以内に病原菌を除去することが証明されています。このロボットは、世界60カ国以上に本格展開してきました。

ブルー・オーシャン・ロボティクスのClaus Risager最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「UVDロボットは、世界の自律モバイルUV-C消毒用ロボット市場の75%以上を占めています。今後の成長が予想され、特許を取得したソリューションで競合他社を2〜4年リードしているため、当社は今後の業界において支配力を持ちます。」

オーデンセ大学病院との協業を通じて設立したブルー・オーシャン・ロボティクスは、院内感染(HAI)の問題を解決すべく、2014年に子会社としてUVDロボッツを創設しました。病院では15人に1人が感染しています。

ザ・ロボット・レポートとロボティクス・ビジネス・レビューの上級編集者であるEugene Demaitre氏は、次のように述べています。「このソリューションは、COVID-19の世界的流行のかなり前から市場に導入されており、UVDロボットはその時から自動消毒への世界的な需要増に合わせて生産を拡大できました。私たちは、このデンマークのRBR50企業が今後、病院だけでなくその他の場所の感染防止にも役立つと期待しています。」

ブルー・オーシャン・ロボティクスについて

ブルー・オーシャン・ロボティクスは医療、接客業、建設、農業、その他の国際市場向けの業務用サービスロボットを開発・製造・販売しています。当社のロボットポートフォリオには、消毒用モバイルロボットのUVDロボット、会話・社会包摂・CO2気候対策用のモバイルテレプレゼンスロボットのGoBeロボット、患者の安全な介助とリハビリのためのモバイルロボットのPTRロボットがあります。ブルー・オーシャン・ロボティクスは問題把握やアイデアの段階から規模拡大までのすべての段階でロボットの開発に当っています。各ロボットは子会社のベンチャー企業が取り扱っており、ブルー・オーシャン・ロボティクスは世界初のロボット・ベンチャー・ファクトリーとなっています。

プレスキットは、こちらでダウンロードできます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Merima Cikotic
Blue Ocean Robotics
mc@blue-ocean-robotics.com
+45 71-99-56-06

情報提供元:
記事名:「ブルー・オーシャン・ロボティクスとそのUVDロボッツがロボティクス・ビジネス・レビューから「最も影響力のあるロボティクス企業上位50社」に選定される