ニュージーランド、オークランド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタル資産インテグレーターであるCentrapayが、オーストラリアとニュージーランドのCoca-Cola Amatil (Amatil) との間で、飲み物を欲しがる人々が『Sylo Smart Wallet』を使用し、暗号通貨でAmatil’sの自動販売ネッでの決済を可能にする契約を締結しました。


Centrapayの世界クラスのテクノロジーには、消費者と商売を行う人々にとってデジタル資産を利用することを容易にさせることができます。このプラットフォームは、ブランドが個人と直接つながり、売り上げを増やし商売を行う人々のオペレーションを効率化することを支援するように設計されています。

Coca-Cola Amatil(Amatil)は、アジア太平洋地域における最大のボトラーであり、卸売業者で、140のブランドを持ち、2億7000万人の消費者を支えています。Amatilの顧客はQ Rコードの支払いステッカーを使うことで、2000台以上のコカコーラの自動販売機でSylo Smart Walletを使用することができます。

このサービスはニュージーランドとオーストラリアで利用可能で、Sylo Smart Walletがインストールされていれば、スマートフォンのカメラでQ Rコードをスキャンして暗号通貨やその他のデジタル資産での支払いを行うことを可能にさせるものです。

Centrapayの最高経営責任者 (CEO) Jerome Faury氏は、『統合の複雑さとUXの悪さが、デジタルIDや資産といった”Web 3時代の”技術の普及を阻んでいる。』と述べました。

続けてJerome Faury氏は「私たちはこの二つの問題を解決しました。Centrapayは、この新しいインターネットの価値を実現可能なものにして、消費者と販売を行う両方に利益をもたらす草分け的存在になる。」と話ました。

「私たちは、個人が自分のデータとデジタルアイデンティティをコントロールできる未来を創ろうとしています。ブランドは、人々とダイレクトに、そしてエシカルにつながることができ、適切な購買決定を下せるようにすると同時に、小売業者やその他の販売パートナーを支援することもできるようになります。」

「私たちはこれまでオーストラリアとニュージーランドでそれがどのように機能するかを証明してきました。私たちはこのビジネスをグローバルなものに成長させたいと考えています。すでに私たちは北米で存在感を確立しており、次に世界初のイノベーションで米国市場をターゲットにしています。」とジェローム氏は付け加えました。

Centrapayについて
Centrapayはデジタル資産のプラットフォームです。消費者がブランドと関わり、販売者と価値を交換する方法を変えつつあります。Centrapayはデジタル製品の制作、流通、支払い鈍ロックチェーン技術を活用している先進企業です。このプラットフォームは消費者と販売を行う人々に対してデジタル資産を日常的に使用するためのテクノロジーを提供します。

Coca-Cola Amatilについて
Coca-Cola Amatilは、アジア太平洋地域で最大規模のボトラーであり、アルコール飲料およびノンアルコール飲料の販売会社であり、The Coca-Cola Companyの世界最大級のボトラーです。

オーストラリア、インドネシア、ニュージーランド、フィジー、パプア・ニューギニア、サモアに約12,000人の従業員が働いており、何百万人もの消費者をいつでもどこでも、最先端のノンアルコール・アルコール飲料やコーヒーで楽しませています。

Syloスマートウォレットについて
「Sylo Smart Wallet」 は、プライベートメッセージ機能とデジタルウォレットを組み合わせた次世代のアプリです。ユーザーは安全な音声通話やビデオ通話、メッセージの送信、チャットでのデジタル通貨の送受信、BitcoinやERC-20に対応したトークンの保存ができます。世界で最も急成長しているdAppである 「Sylo Smart Wallet」 は、 Apple AppGoogle Playストアで既に提供されています。


Contacts

プレス窓口:
Rachael Joel at Botica Butler Raudon for Centrapay
+64 21 403 504
rachaelj@botica.co.nz

情報提供元:
記事名:「Coca-Cola Amatil自動販売機はCentrapay経由でBitcoinでの決済を開始