ディリジェント・コーポレーションが6月16日に開催する参加者限定バーチャル・イベントでESG、指標、取締役の役割について強力な人材を集めたパネルが洞察を提供

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 景気回復を受けて長期的価値の創出に向けた努力を企業が続ける中、環境・社会・ガバナンス(ESG)の実行は必須のものとなっています。しかし、一貫性のある指標や開示・報告枠組みがないことから、企業や取締役は効果的なリスク管理、成果の伝達、株主や利害関係者への影響の測定に困難を感じています。



共通の指標の定式化を積極的に目指しているビジネスリーダーから直接話を聞き、一貫性のあるESG基準のためのイニシアチブを取締役が支援する方法について情報をご入手ください。バンク・オブ・アメリカ会長兼最高経営責任者(CEO)で世界経済フォーラム国際ビジネス評議会会長のブライアン・モイニハンと世界経済フォーラムの創設者で最高責任者のクラウス・シュワブを迎えて行われる「Measuring Stakeholder Capitalism: ESG, Metrics & the Board’s Role」では、次のような検討が行われます。

  • COVID後の世界ではステークホルダー資本主義への動きが加速するのか。
  • 共通の指標と一貫性のある報告への動きから取締役は何を期待できるか。
  • 企業の戦略とガバナンスに対する影響に取締役会はいかに対処できるか。

内容:Measuring Stakeholder Capitalism: ESG, Metrics & the Board’s Role(ステークホルダー資本主義の測定:ESG、指標、取締役会の役割)
日時:6月16日(火)東部時間午前10時
場所:登録後にバーチャル・イベントのリンクを送付
ご返信:参加確認のご返信は6月12日金曜日までにお願いいたします。
https://diligent.com/measuring-stakeholder-capitalism

報道関係者からのお問い合わせは、ディリジェント・コーポレーションのShana Glenzer, VP Marketing & Communicationsにお寄せください:sglenzer@diligent.comまたは202-227-2036

ディリジェント・コーポレーションについて

ディリジェント・コーポレーションは現代的ガバナンスのパイオニアであり、効果的なガバナンスを競争上の利点へと転換できるようリーダーに力を与えています。業界イノベーターのチームによる比類のない洞察力と高セキュリティーの統合SaaS技術により、業界をリードするディリジェントのソリューションは、経営陣や取締役のレベルでの仕事の方法に変化をもたらしています。ディリジェントは、説明責任と透明性の推進においてリーダーから信頼され、利害関係者や株主にとっての優先事項への対応にも利用されています。当社のアプリケーションは、取締役や委員会の日々の仕事を効率化し、共同での作業の支援や確実な情報共有にも役立てられています。官民の多様な組織を念頭に活動するディリジェントは、現代的ガバナンスの新たな時代を迎え入れるためのご支援をいたします。

取締役と経営陣の世界最大のネットワークを有するディリジェントは、90カ国以上にわたる1万7000を超える組織、66万人以上のリーダーから信頼を受けています。包摂性とアクセス性を考えるディリジェントは、最大規模の公的ガバナンス主体に利用され、これにはフォーチュン1000の50%以上、FTSE 100の70%以上、ASXの65%以上が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Shana Glenzer
Sglenzer@diligent.com
202.227.2036

情報提供元:
記事名:「メディア発表:取締役向けESGイベントでバンク・オブ・アメリカ最高経営責任者(CEO)と世界経済フォーラム創設者を迎え、ステークホルダー資本主義の測定について探求