ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- トミー ヒルフィガーやカルバン・クラインなどの象徴的ブランドのポートフォリオを有するPVHコープ(NYSE:PVH)は本日、ダニエル・グリーダーがトミー ヒルフィガー・グローバルとPVHヨーロッパの最高経営責任者(CEO)を退任すると発表しました。23年にわたり社内でさまざまな管理職を務めてきたグリーダーは、退職して別の興味関心を追求します。グリーダーの後任としてマルテイン・ハグマンが、2020年6月2日付けで新しいトミーフィルヒガー・グローバルとPVHヨーロッパの最高経営責任者となります。


ハグマンは現在、トミー ヒルフィガー・グローバルとPVHヨーロッパの最高執行責任者(COO)として、また、トミー ヒルフィガー・グローバルの最高財務責任者(CFO)として、業務、財務、デジタル事業変革、テクノロジー、事業開発、トミー ヒルフィガーのグローバル持続可能性プログラムを統括しています。ハグマンは12年間にわたりトミー ヒルフィガーの経営チームで活躍してきたベテランであり、トミー ヒルフィガーの輝かしい世界的拡大と戦略に不可欠な役割を果たし、PVHヨーロッパを一貫した前年比での成長に導きました。

PVHコープのマニー・キリコ会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「トミー ヒルフィガー・グローバルとPVHヨーロッパは、これまでの成功の道のりを継続しながら新たな年度に入り、強力な販売トレンド、ブランド認知度の向上、消費者とのつながりが続いています。グリーダーは当社のイノベーション能力の向上を支援し、トミー ヒルフィガーの世界的事業範囲を拡大しました。消費者を重視してデジタルに重点を置いた持続可能な考え方を常に推進し、非常に強力な経営チームを構築しました。」

グリーダーは次のように述べています。「この23年間は驚異的な期間でした。当業界でのこの劇的な変化の真っ只中で、当社はブランドの新たな時代に向けて前進できると思われる変化を起こす独自の立場を築いています。ハグマンに席を譲れることを快く思っています。この12年間、彼は真の友人であり、信頼できる腹心の友であり、頼りになる相棒でした。愛する組織を離れる上で絶好の機会というものはありません。常に遅すぎるか早すぎるかであり、私のキャリアにおいて常に抱いてきた楽観的思考、エネルギー、情熱を持つ間に、この変化を起こしたいと思っていました。」

グリーダーの起業家的リーダーシップの下、トミー ヒルフィガーは、クラス最高の製品、消費者の関与、デジタル化、企業責任イニシアチブを有する先進的ライフスタイル企業としての地位を獲得しました。グリーダーが2014年にトミー ヒルフィガー・グローバルとPVHヨーロッパの最高経営責任者(CEO)に就任して以来、トミー ヒルフィガーの事業は小売り売上高が60億ドルから2019年の90億ドル以上に成長し、カルバン・クラインの欧州事業の売上高と利益は2倍以上に増加しました。

PVHのステファン・ラーソン社長は、次のように述べています。「グリーダーとハグマンは共に、未来を見据えたビジョンを浸透させ、消費者を中核に置き、製品主導の社風を構築しました。グリーダーの長年にわたる強力なリーダーシップと素晴らしい業績に感謝しています。ハグマンは、事業の基礎となる価値要因を深く理解しているリーダーとして大いに信頼しています。その消費者中心の考え方とデジタルに重点を置いたリーダーシップは、トミー ヒルフィガーと欧州地域を持続可能な収益性の高い成長の次の時代に向けて導いていくでしょう。」

ハグマンは次のように述べています。「卓越した熱意ある経営陣と共にトミー ヒルフィガーのブランドとPVHヨーロッパの業績を引き続き強化できることを光栄に思っています。グリーダーへの感謝の気持ちは、長年にわたって彼が提供してきた揺るぎないサポート、発展の機会、リーダーシップにとどまりません。現在の戦略計画の実行を続けられると確信しており、今後数カ月は、COVID-19パンデミックから世界的事業を回復させて立ち直らせる段階に力を入れます。」

グリーダーは次の数カ月で責任の引き継ぎを支援し、移行を円滑に完了できるようにします。

グリーダーとハグマンは、ブランド創設者であり主任デザイナーであるトミー・ヒルフィガーと長年にわたって協力してきました。

トミー・ヒルフィガーは、次のように述べています。「私たちのブランドの未来に対する私の信念と期待はこれまでになく高まっています。グリーダーが当社にもたらした最大の贈り物は、ブランドを消費者により強く結び付け、最先端の製品、イノベーション、文化を維持することに専念する社風を社内に築いたことです。ハグマンはこの路線を歩んでおり、彼と力を合わせて、世界のパートナーや消費者と共に、このブランドの未来を描き続けます。」

PVHコープについて

PVHは、世界で最も評価の高いファッション・ライフスタイル企業の1つです。当社は、ファッションを永遠に進化させるブランドに力を与えます。当社のブランド・ポートフォリオには、象徴的なカルバン・クライン、トミー ヒルフィガー、ヴァンヒューゼン、IZOD、アロー、ワーナーズ、オルガ、ジェフリービーンなどの有名ブランド、およびデジタル中心のアンダーウエア・ブランドのTrue&Co.が含まれます。当社は、こうした傘下ブランドや国内・国際的に有名な当社所有・ライセンスブランドの下で、多様な商品を販売しています。PVHは40カ国以上で4万人以上の従業員を雇用しており、年間売上高は99億ドルです。これが当社の力であり、PVHの力です。

1995年民事証券訴訟改革法に基づくセーフハーバー声明:本プレスリリース中の将来見通しに関する記述は、1995年民事証券訴訟改革法のセーフハーバー条項に基づくものです。これには当社の計画、戦略、目標、期待および意図に関連する記述が含まれますが、これらに限定されません。投資家の皆さまは、このような将来見通しに関する記述には本質的にリスクおよび不確実性が伴い、その多くは正確に予測できず、そのうちの一部は予期できない可能性があることにご注意ください。そうしたものには、(i)当社の計画、戦略、目標、期待および意図が当社の裁量で随時変更される可能性があること、(ii)当社の債務が過剰であり、当社がキャッシュフローのかなりの部分をその債務への対処に使用していると見なされ、その結果として当社が意図するまたは過去に行ってきた方法で事業を運営するための十分な資金を確保できない可能性があること、(iii)気象条件、経済の変化、燃料価格、旅行の減少、ファッション動向、小売業界における統合、再編および倒産、当社のライセンサーによるブランドの位置づけの変更、その他の要因による影響を受ける可能性がある当社の卸売顧客向けおよび小売店舗内のアパレル、フットウエアおよび関連商品の売上水準、当社のライセンシーの卸売および小売の売上水準、ならびに当社および当社のライセンシーその他のビジネスパートナーが設定する必要のある割引幅および販促用価格、(iv)成長と在庫を管理する当社の能力(本プレスリリースで言及された買収など、買収による利益を実現する当社の能力を含みます)、(v)数量制限、セーフガード措置の発動、当社またはライセンシーが自社商標で商品を製造する国からの商品への税金または関税の賦課(例えば、中国から米国に輸入される商品に対して最近課せられた関税および警告されている関税引き上げなど)(いずれも特に費用対効果の高い国や、必要な労働力と技術的専門知識がある国で商品を製造する当社の能力を制限する可能性があり、あるいは当社がコストを負担するかコストを消費者に転嫁しなければならず、当社の収益と利益率に大きな影響を及ぼす可能性があります)、(vi)原材料の可用性およびコスト、(vii)貿易規制の変更ならびに製造業者の移転および動向に適時に適応する当社の能力(当社商品の最良の製造拠点に影響を与える可能性があります)、(viii)利用可能な工場および輸送能力の変化、賃金および輸送コストの上昇、ならびに当社または当社のライセンシーまたはその他のビジネスパートナーの商品が販売・製造されている、あるいは販売・製造される予定の国のいずれかにおける内戦、戦争またはテロ行為およびその脅威または政情または労働市場の不安定化、(ix)現在のCOVID-19の世界的流行などの疾病の流行および健康関連の懸念(工場閉鎖、労働力の減少、原材料不足、感染地域で製造された商品の検査または禁輸によりサプライチェーンが途絶する可能性があり、COVID-19の世界的流行の場合は実際にその一部が発生しています)、店舗の閉鎖、消費者が疾病に感染するか曝露を避けるために買い物を制限または中止することや疾病拡散防止のために政府が強制的に事業閉鎖、移動制限などを課すことによる来客数と購入の減少、ならびに市場や他の変化によって当社ののれんや他の無形資産、オペレーティング・リース使用権資産、有形固定資産の非現金性減損が発生する可能性、(x)買収および事業売却と買収、事業売却、取引提案により生じる問題(被買収企業、被買収事業または当社の既存の業務、従業員関係、業者関係、顧客関係、財務業績に大きな悪影響が及ぶことなく、被買収企業または事業を当社に統合する能力、および子会社、事業、またはその資産の売却またはその他の処分後に当社の継続事業を効果的かつ利益が出るように運営する能力などが含まれます)、(xi)当社のライセンシーによるライセンス商品の販売または当社ブランドの価値の維持の失敗、あるいはライセンシーによる当社ブランドの悪用、(xii)当社が高い水準で取引を行っている外国通貨に対する米ドルの大きな変動、(xiii)年間に計上された当社の退職金費用が金融市場・経済・人口統計状況に関する仮定と推定を組み込んだ数理的評価を使用して計算され、推定結果と実際の結果との差によって相当額になる可能性のある利益と損失が発生し、通常これが第4四半期に損益として直ちに計上されること、(xiv)新規および改正された税制および税規則の影響、(xv)当社の証券取引委員会への提出書類に随時記載されるその他のリスクおよび不確実性が含まれますが、これらに限定されません。

当社は、新たな情報の取得、将来の出来事またはその他の結果にかかわらず、いずれの将来見通しに関する記述も公に更新する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Dana Perlman
Treasurer and Senior Vice President, Business Development and Investor Relations
(212) 381-3502 office
(917) 579-1374 cell
investorrelations@pvh.com

Virginia Ritchie
VP Corporate Communications, Influencer Marketing & Experiences
+31643184870
Virginia.Ritchie@Tommy.com

情報提供元:
記事名:「PVHコープがトミー ヒルフィガーとPVHヨーロッパの経営陣について最新情報を発表