サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ドーハを本拠とする税務事務所MSパートナーとの協力契約を発表しました。これによりカタールでのアンダーセン・グローバルのプレゼンスが深みを増し、世界的な基盤が広がります。

2018年に設立されたMSパートナーは、2人のパートナーと10人を超える専門家を擁し、個人および上場・非上場の企業を含む多様な国際的顧客に税務サービスを提供しています。MSパートナー会長のShaikh Sultan Bin Jassim Bin Mohammed Al Thani閣下は、カタールの著名なビジネスリーダーです。

オフィス・マネジングディレクターのマニカンダン・ラジャンは、次のように述べています。「当事務所はクライアントとスタッフを大切にし、最高水準の専門職基準を維持しています。私たちは、アンダーセン・グローバルが地域的にも世界的にも成長を遂げ、独立したシームレスな形でクラス最高のサービスをクライアントに提供するための基準を確立したことに注目してきました。ドーハで当事務所と協力関係にあるAl-Khalifa Lawに加えて、アンダーセン・グローバルのすべての協力事務所および提携事務所と密接に連携して仕事をしていくことを楽しみにしています。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「マニとそのチームは、業界のリーダーとなるために必要な専門知識、責任感、プロ意識を備えています。中東では、特に経済多角化の重要性が高まるにつれて、税務分野の成長が顕著です。私たちはクライアントに最高のサービスを提供できるよう、この地域での業務能力を継続的に拡大していきます。MSパートナーとAl-Khalifa Lawの組み合わせは、私たちの組織のカタールでのプレゼンスにとって非常に競争力の高い優れた基盤となります。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の172カ所以上の拠点に5000人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバルがカタールでのプレゼンスを強化