報告書は、企業責任および持続可能性戦略の3つの柱にわたる当社の影響力に関する力強いストーリーを紹介

ミルウォーキー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は本日、年次企業責任報告書(CRR)の発行を開始したと発表し、2019年度中の当社の取り組みを明らかにしました。CRRは、企業責任と持続可能性の実践を、顧客企業、従業員、地域社会に対するアプローチの中心に置くというロックウェル・オートメーションの取り組みを表しています。世界的な産業オートメーションとデジタル変革のリーダーとして、ロックウェル・オートメーションは、企業責任と持続可能性の分野における主たる発言者になることを目指しています。2019年度のCRRは、従業員のための包摂的な職場の構築、顧客企業による排出量と廃棄物の削減の支援、現地地域社会の進歩の促進を続ける当社のイニシアチブの成功を紹介しています。


2019年度のCRRの発行に関連して、ロックウェル・オートメーションは本日、新たな企業責任コンテンツ・ハブを立ち上げました。ロックウェル・オートメーションの企業責任コンテンツ・ハブでは、年間を通した企業責任の進捗状況に関する新たなストーリーと最新情報を取り上げます。

ロックウェル・オートメーションのブレイク・モレット会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「1世紀以上前の創業以来、当社は、お客さまの生産性と持続可能性の向上を支援することに力を注いできました。特に、2019年度企業責任報告書で明らかにされた当社の進捗状況を誇らしく思っています。COVID-19によって恒久的に変化した世界で事業を運営する中で、当社従業員、お客さま、地域社会の健康と安全に対する献身的取り組みは、当社の最優先事項です。また、当社は社内でも社外でも人の可能性を拡大する取り組みを着実に進めています。」

ロックウェル・オートメーションの2019年度CRRは、企業責任および持続可能性戦略の3つの柱にわたる当社の影響力に関する力強いストーリーを紹介しています。要点は次のとおりです。

  • 顧客企業の持続可能性:2019年、ロックウェル・オートメーションは、世界の栄養失調と闘う非営利組織を支援し、この組織がより多くの人々に食料を提供する上で役立つ最先端の自動化プロセスを構築しました。2019年だけでも、この組織の製造能力は20%向上しました。アジア太平洋地域では、ロックウェル・オートメーションは、オーストラリア本土の沖合にある再生可能エネルギー会社と協力して、この地域が発電のニーズを満たせるよう支援しました。その際、当社は、可能な状況であれば100%再生可能な太陽光および風力エネルギーに切り替わる新しい「水力エネルギー・ハブ」を設置しました。
  • 当社の持続可能性:2019年、ロックウェル・オートメーションは、発生した9900トンの廃棄物のうち8500トンをリサイクルまたは再利用しました。さらに、当社は従業員100人あたり0.37件の労働者安全率を達成し、同年の目標である0.40件を超過達成しました。ロックウェル・オートメーションは、ヒューマン・ライツ・キャンペーンの企業平等指数で満点を獲得し、エシスフィア・インスティテュートの世界で最も倫理的な企業の1つとして認められました。
  • 地域社会の持続可能性:ロックウェル・オートメーションが2019年に寄付した総額は、理工系(STEM)教育、人材と公平性、災害救援と復興のプログラムを中心に約900万ドルとなりました。ロックウェル・オートメーションの従業員は、現物支援に加え、若者が科学と技術のリーダーになるよう奨励するイニシアチブであるFor Inspiration and Recognition of Science & Technology(FIRST)プログラムを通じて、221組のグローバル・チームを指導しました。北米では、ロックウェル・オートメーションの先進的製造アカデミー(AAM)が、退役軍人が退役後のキャリアを成功させることができるよう技能を向上させる技術教育を提供しています。

ロックウェル・オートメーションの環境・安全・衛生担当取締役のマジョ・サーマンは、次のように述べています。「ロックウェル・オートメーションの企業責任へのアプローチは固定的なものではなく、目の前の変化する課題に対応すべく常に適応しています。これにより当社は、世界に有意義で永続的な効果をもたらすことができます。進化するアプローチの一環として、当社は新しい環境目標を分析・設定し、企業責任の優先順位を更新・改善し、主要な利害関係者と協力することで、どこでどのように最大の効果を生み出せるのかを理解しています。」

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE: ROK)は産業オートメーションとデジタル変革の世界的リーダー企業です。当社は人々の想像力を技術の可能性と結びつけ、人間の力で可能なことの範囲を拡大することにより、世界の生産性と持続可能性を高めています。米ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置くロックウェル・オートメーションでは、約2万3000人の従業員が100カ国を超える国々の当社顧客の問題解決に専心しています。当社が広く産業分野の企業でコネクテッドエンタープライズを実現している様子の詳細については、www.rockwellautomation.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kolve Byrd
Global External Communications
Kabyrd@rockwellautomation.com
+1 414-382-5465

情報提供元:
記事名:「ロックウェル・オートメーションが2019年度企業責任報告書を発行し、企業責任および持続可能性コンテンツの新たなオンライン・ハブを立ち上げ