フロスト&サリバン「ベスト・プラクティス賞」がCOVID-19のようなウイルスの消毒における当社のUVDロボットの成果や当社のその他のサービスロボット(GoBeロボットとPTRロボット)を評価

デンマーク・オーデンセ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日ブルー・オーシャン・ロボティクスは、フロスト&サリバンからベスト・プラクティス「2020年欧州プロフェッショナル・サービスロボット製品リーダーシップ」賞に選ばれたことを発表しました。この評価は、子会社UVDロボッツとの当社の仕事を主な理由とするものであり、これは、自律ロボット技術に紫外線を組み合わせてCOVID-19のようなウイルスを消毒できるようにしたものです。


ブルー・オーシャン・ロボティクスの子会社でデンマークを拠点とするUVDロボッツの革新的ソリューションは、病室内の病原体を10~15分以内に排除できることが証明されています。当社の自動走行消毒ロボットは、これまでに世界50カ国以上で導入されてきました。

ブルー・オーシャン・ロボティクス最高経営責任者(CEO)のClaus Risagerは、このように述べています。「フロスト&サリバンから「ベスト・プラクティス賞」の評価をいただいたことは、イノベーション、開発、商業的成功を生み出すために注がれた当社の意気込み、情熱、勢いが認められたことを意味します。当社は、世界の諸問題の解決に貢献するだけでなく、当社オーナーに確実で魅力的な投資となるロボットを開発していることを大きな誇りとしています。」

フロスト&サリバンのベスト・プラクティス賞は、業界の大きな成長を促す企業、市場の標準となる前に新たなトレンドを見いだした企業、業界の発展促進や変革をもたらす高度な技術を生み出した企業に贈られます。

フロスト&サリバンの業界マネジャーのRohit Karthikeyanは、次のように語っています。「ブルー・オーシャン・ロボティクスの旗艦的製品であるUVDロボットは、特に病院において、細菌や微生物を99.99%死滅させることで病気の伝染を削減することを可能にしています。UV-C光を使用して多様な表面を消毒できる自律型移動式ロボットは、これが初めてで唯一のものであり、競合するソリューションと比べて利便性に優れています。独自の点として、UVDロボットはタブレットによって容易にコントロールできます。」

ブルー・オーシャン・ロボティクスについて

ブルー・オーシャン・ロボティクスは医療、接客業、建設、農業、その他の国際市場向けの業務用サービスロボットを開発・製造・販売しています。当社のロボットポートフォリオには、消毒用モバイルロボットのUVDロボット、会話用のモバイルテレプレゼンスロボットのBeamロボット、患者の安全な介助とリハビリのためのモバイルロボットのPTRロボットがあります。各ロボットは子会社のベンチャー企業が取り扱っており、ブルー・オーシャン・ロボティクスは世界初のロボット・ベンチャー・ファクトリーとなっています。

プレスキットは、こちらでダウンロードできます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Merima Cikotic
Blue Ocean Robotics
+45 71-99-56-06
mc@blue-ocean-robotics.com

 

情報提供元:
記事名:「ブルー・オーシャン・ロボティクス、2020年ロボット製品リーダーシップ賞でウイルス殺滅UVDロボットが評価を受ける